【メタバース】メタバース内の操作に慣れよう! C# Tokyo イベント(もくもく会)

2022/11/01(火)19:30 〜 20:30 開催
ブックマーク

イベント内容

メタバースに慣れよう

様々なイベントがメタバースで行われる時代になっています。当然 IT エンジニアのコミュニティもメタバースになり始めています。

しかし 日本の IT エンジニアは忙しい。

なかなかメタバースに行くことを試したりメタバース内の活動を練習したりにまで手が回らない方も多いと思います。そこでメタバースないのでもくもく会の定期開催を目指すことにしました。ぜひ本イベントをきっかけとしてコミュニティメンバーにメタバースに慣れてもらえたらと思います。

また、もくもく会とはしていますが、メタバースに慣れる目的も多分にあるためもくもくよりも行動を優先する方も歓迎です。ぜひ皆さんもいろいろやってみてください。

メタバース

C# Tokyo コミュニティは常に新しいスタイルを模索し続けています。今後のメタバース上でのイベント開催をスマートに行うために積極的にメタバースでのイベントにチャレンジします。 ※ メタバースに関する内容を共有するイベントでは ありません 。メタバース上で行う C# Tokyo コミュニティイベントです。

今回は VRChat 上で開催します。VRChat では参加者同士の画像などの共有はできませんので、Slack の local-event チャンネルも並行して使用します。

VR もくもく会の流れ (模索中)

VR もくもく会は C# Tokyo ではまだ新しい試みです。今後開催を重ねてアップデートをして行きますが、現時点では次のような流れでやっていこうと考えています。
是非ご一読ください。

https://www.docswell.com/s/suusanex/Z7D68K-2022-07-09-180427

ポイントだけ箇条書きすると、次の通りです。

  • VRChatを起動して会話ができる状態のまま、もくもく作業をします
  • もくもく作業は一度ゴーグルを外すか、VRゴーグルの機能でデスクトップを表示して行います
  • ゴーグルを外す場合、ゴーグルがスリープしない設定にしておくか別のヘッドセットを付けておくと良いです

事前準備

必要なもの:PCとマイクとスピーカー。使う人はVRゴーグル。
※VRゴーグルは必須ではなく、PC(デスクトップアプリ)でもVRChatを使用できます。

VRChatを使用するため、事前に次の準備を終わらせておいてください。
※これは本イベント固有のものではなく、VRChatを使うために必要な手順です。

  1. VRChatアカウントの作成
  2. (PC版の場合)Steamアカウントの作成とインストール
  3. VRChatのインストール
  4. VRChatの起動とチュートリアル

当日は、VRChatの起動とチュートリアルを終えている前提で、ワールドへ入ってもらう予定です。

事前のフレンド登録・Slack参加(おすすめ)

フレンド登録

当日にワールドへ直接JoinするためのURLを記載しますが、当日にいきなり入ろうとするとトラブルが起きることが多いようです。事前に主催メンバーへフレンド登録しておき、フレンドのいるワールドへJoinするという形の方がトラブルが少ないようです。

そのため、準備時間が取れるようであれば主催メンバーへフレンド申請を送ってフレンドになっておくとスムーズです。主催メンバーのユーザー名は次の通りなので、このユーザーを検索してフレンド申請を送ってください。

  • suusanex

Slack参加

当日に上手くワールドへ入れない場合、VRChat上でのサポートは困難です。Slackに登録して#vr-eventというチャンネルに参加しておいてもらえると、そこでサポートできます。下の「コミュニケーション」にSlackの詳細がありますので、良ければこちらも登録をお願いします。

手順について詳しくは

手順について詳しくは、次のサイトなどを参考にしてください。

https://vrchatjp.playing.wiki/d/%BD%E9%BF%B4%BC%D4%A5%AC%A5%A4%A5%C9%20%28%A4%E4%A4%EB%BB%F6%A4%DE%A4%C8%A4%E1%29

https://panora.tokyo/archives/26698

会場に入る手順

当日に直接入る場合

  1. VRChatアプリを起動し、ログインします
  2. Webブラウザで、VRChatにログインします
  3. Webブラウザで、運営から案内されたURLを開きます
  4. Webブラウザで、右上にあるInvite Meボタンを押します
  5. VRChatアプリに戻って、メニュー画面を開くと通知欄にInviteが届いています
  6. チェックボタンを押すと、会場に入れます

事前にフレンド登録している場合

  1. VRChatアプリを起動し、ログインします
  2. Socialからフレンド一覧を開き、事前にフレンド登録した主催メンバーを選択します
  3. Joinボタンを押します(フレンドがいるワールドへ入る、という機能です)

対象者

  • C# に関心がある人
  • C# を既に使っている人
  • C# をこれから使おうと考えている人
  • C# エンジニアをめざしている人

C# に限らず

今回のイベントはもくもく会形式とします。
オンライン上の会場に集まり各自作業を行ってください。参加者同士でも話題があれば/あえば音声や身振りでの会話も行っていただけると嬉しいです。
特に誰かが登壇する内容を聞くという会ではないので C# にかかわる必要はありません。エンジニアリングにかかわるものであれば各自自由に活動してください。

開催プラットフォーム

VRChat で行います。

参加方法

上記「事前準備」と「会場に入る手順」の通りです。

2つの入り方のうち「当日に直接入る場合」については、開催時刻が近づいたらこのページの「参加者への情報」にワールドのリンクを掲載します。

タイムテーブル

時間 内容 担当(敬称略)
19:30 ~ 19:35 開会 運営
19:35 ~ 20:30 もくもく 皆さん
20:30 ~ 20:35 閉会 運営
20:35 ~ 21:30 頑張れる人がさらに頑張る時間 皆さん

定期開催の会としては 20:30 で閉会します。その後頑張れる方は引き続きメタバースの住人を続けていただいて結構です。
ただしやめ時を失ってあまり遅くなりすぎないよう、頑張る人たちの中でも「ここで終わります」と言い出しやすいよう、21:30 という時刻を目安として掲載しております。

※当日の進行によって延長・短縮の可能性があります。

飲食

  • 飲食可。
  • チャット等で無用に発言を繰り返すといった事のないようにご注意ください。飲酒する場合はほどほどに。

注意事項

  • 技術の共有が目的の勉強会です。
  • ハラスメント行為、運営の許可のない勉強会以外の場所への勧誘行為は禁止です。気になることがあった場合運営メンバーにご連絡ください。運営メンバーの判断により、そのような行為を行った人は退場していただき、情報共有したうえで今後の参加をお断りすることがあります。
  • 登壇者主催のイベントのお誘いなどは内容を運営メンバーにより確認の上で許可する場合があります。

C# Tokyoコミュニティ

C# TokyoコミュニティはC#エンジニアのコミュニティです。C# エンジニア向けのオフラインイベントを主に東京で開催してきましたが、今後はオンラインイベントについても積極的に企画していきたいと考えています。詳しくは connpass のグループ詳細を御覧ください。

C#を活用されている方だけではなく、興味はある、これから取り組んでみたいという方も気軽にご参加ください。

イベントへのお問い合わせについて

イベントへのお問い合わせは、C# TokyoコミュニティSlackやSNSなどでC# Tokyoコミュニティ管理者へご連絡いただくのが確実です。
それらが難しい場合は、このページの イベントへのお問い合わせ よりご連絡ください。

行動規範

C# Tokyoでは行動規範を定めています。イベント参加までに一読ください。

C# Tokyo コミュニティ行動規範

コミュニケーション

C# TokyoではメンバーのコミュニケーションのためにSlackワークスペースを用意しています。良かったら参加してください。

参加方法は connpass グループの説明 をご確認ください。

connpass グループの説明

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント