【DApp開発勉強会】03- Metamask編

2024/02/22(木)18:00 〜 20:00 開催
ブックマーク

イベント内容

概要

Hacktivation 〜生成AI時代におけるブロックチェーンの可能性〜」にご興味頂きありがとうございます。

DApp開発(全4回)では、Truffleを用いたスマートコントラクトの開発方法とMetamaskと連携したDappsの作成方法の基礎をワークショップ形式で学びます。

本イベント(第3回)の最終的なゴールは

  • Metamaskと連携するReactアプリの作成

になります。

これからWeb開発でブロックチェーンを実際に作りたいなら、参加してみてはどうでしょうか。

なお、本イベントは福岡市並びに福岡市エンジニアカフェが企画・運営するDApp開発勉強会「Hacktivation 〜生成AI時代におけるブロックチェーンの可能性〜」の一環として実施されます。Zoom ウェビナーでの配信も実施します。しかし、オンラインでの質問対応は難しいので、質問対応を希望する方は現地参加の方をお願いします。

タイムスケジュール

注意:こちらの日程はあくまで予定です。変更する可能性がありますのでご了承ください。

日時 コンテンツ
18:00~18:05 オープニング
18:05~19:30 Metamaskと連携するReactアプリの作成(内休憩10分)
19:35~20:00 質疑応答
20:00 閉会

前提知識

DAppが応用されている技術を教えて

Dappsの有名なものとしてはNFTゲームのMyCryptoHeroesやNFTマーケットプレイスである、
OpenSeaなどがあります。

また、世界中でERC20トークンの売り買いが行われている、
DEXのUniswapなどもDappsとして有名です。

Home | Uniswap Protocol
ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes (マイクリプトヒーローズ / マイクリ)」
OpenSea, the largest NFT marketplace

DApp開発を学ぶことがどう役立つ?

今後は非常に重要な情報を取り扱うアプリケーションは、
その裏にブロックチェーンを用いたものが主流となっていくでしょう。

特に政府もTrusted Webとしてブロックチェーンに似たシステムの構想を打ち出しています。
今後のWebアプリケーションとしては、AIと同様にブロックチェーンを組み込んだアプリケーションが
重要となっていきます。

ブロックチェーンを組み込んだアプリ=Dappsを作成できるエンジニアは
今後特に重要が高まっていくと思います。

登壇者

ゲスト(講師)

▶️名前:中城 元臣
 所属:株式会社 chaintope CER / 株式会社ハウインターナショナル 取締役 CTO
image

赤煉瓦文化館とエンジニアカフェの紹介

福岡市赤煉瓦文化館について

商人の町であった博多地区と、城下町であった福岡地区の境目、西中島橋のすぐそばに、1909年、旧日本生命保険株式会社九州支店として竣工。設計は辰野片岡建築事務所。辰野金吾が後に手掛ける東京駅の丸の内駅舎と同様に、建物には英国のクイーンアン様式が見られる。1972年に福岡市歴史資料館として開館。1994年より福岡市赤煉瓦文化館へ。2019年8月21日より、エンジニアカフェがオープン。今日も、多くの観光客、エンジニア達が訪ねてきています。

エンジニアカフェについて

『エンジニアが集まる、活躍する、成長する街、福岡。』を掲げる福岡市の「エンジニアフレンドリーシティ福岡」活動の一環として、福岡市赤煉瓦文化館内に2019年8月21日オープン。エンジニアがより先鋭的なチャレンジやスキルの幅を広げることができることで多様多種の方に様々な機会を提供したいという想いから、官民一体で生まれたエンジニアのための施設です。

Fukuoka City Akarenga Cultural Center

Near the Nishinakajima Bridge between merchant town Hakata and castle town Fukuoka, Nissay Kyushu had opened since 1909. The structure was designed by Tatsuno Kataoka design office. As same as Tokyo station Marunouchi area, Kingo Tatsuno designed it. This architecture is English Queen Anne style. As the Fukuoka city history museum since 1972. Engineer Cafe opened on August 21st in 2019. Many tourists and engineers are visiting here today.

Engineer Cafe

Engineers getting together, active, and grow up in Fukuoka. As part of the “Engineer Friendly City Fukuoka”, inside of Fukuoka City Akarenga Cultural Center, this facility opened on August 21 in 2019. We would like to provide various opportunities for a wide variety of people by enabling engineers to expand their range of more advanced challenges and skills. A facility for engineers born in the public and private sectors.

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント