シンポジウム「オープンデータの今後を考える~官民で拓くみやぎの共創社会」ハイブリッド開催

2024/03/08(金)14:00 〜 17:00 開催
ブックマーク

イベント内容

シンポジウム「オープンデータの今後を考える~官民で拓くみやぎの共創社会」

[International Open Data Day2024 inみやぎ]

オープンデータは、公開されていて誰でも無償で使うことができるデータのことです。 現在、このオープンデータを使って、新しいアプリやサービスの開発など、地域の様々な課題解決に向けた取組が、いろいろな分野で広がっています。 シンポジウムでは、オープンデータの専門家による官・民におけるオープンデータの利活用の実践等をテーマにした基調講演やパネルディスカッションを行います。 みんなでオープンデータが切り拓く未来の共創社会について考えてみましょう!

<開催概要>

▼日時:2024年3月8日(金)14:00-17:00(開場 13:30~/オンライン入室 13:50~)

▼ハイブリッド開催 会場参加:enspace 2F イベントスペース(仙台市青葉区国分町1丁目4-9)

オンライン参加:zoom配信

▼定員:会場参加50名/オンライン参加50名 ▼参加費:無料 ▼申込締切:3月7日

*会場参加の方はお申込み後、当日、会場へお越しください。

*オンライン参加の方は、前日までにメールにてzoomのURLをお送りいたします。

▼参加対象者:

・オープンデータの利活用に関心のある方

・官民共創による地域課題解決、まちづくり等に関心のあるNPO、市民団体、民間企業の方

・シビックテック活動に関心のある方

・行政職員

主催:宮城県

企画運営:エイチタス株式会社

<プログラム>

14:00-14:10 開会挨拶/趣旨説明

14:10-14:20 イントロダクション

「いまからでも間に合う!オープンデータの基礎理解」

14:20-15:10 第1部:基調講演/報告

「オープンデータ利活用を促すために官民で整えるべきことは何か」

山形 巧哉 氏(合同会社 山形巧哉デザイン事務所 代表)

15:10-15:30 官民共創ワークショップ開催報告

ワークショップの概要と結果について

15:30-15:40 休憩

15:40-16:40 第2部:パネルディスカッション

テーマ「オープンデータで官民共創を加速させるために~宮城での実践を考える」

登壇者:

山形 巧哉 氏(合同会社 山形巧哉デザイン事務所 代表)

下山 紗代子 氏(インフォ・ラウンジ株式会社 取締役)

古山 隆幸 氏(株式会社イトナブ 代表取締役)

モデレーター:原 亮(エイチタス株式会社 代表取締役)

16:40-16:55 質疑応答

16:55-17:00 各種ご案内/閉会挨拶

<登壇者プロフィール>

山形 巧哉 氏

合同会社山形巧哉デザイン事務所/Code for JAPAN スタッフ/総務省 地域情報化アドバイザー/デジタル庁 オープンデータ伝道師 等

北海道、函館近郊に位置する森町という小さな町で「デジタルと、なにか」を考えてます。行政や教育現場でのデジタル技術活用や構築に関する実務経験を数多く持ち、比較的小規模な市町村でのデジタル政策や、利用について一緒に考えることが得意です。座右の銘は「まあすわりなよ」

下山 紗代子 氏

Code for Japan フェロー/オープンデータ伝道師総務省 地域情報化アドバイザー

理化学研究所を経て、(一社)リンクデータ設立。オープンデータ支援プラットフォームの運用で、自治体や市民の地域情報発信を支援。2018年インフォ・ラウンジ株式会社取締役就任。国・自治体や民間におけるデータ基盤構築と活用をサポート。 2020年政府CIO補佐官として内閣官房IT室に着任したのち、2021年よりデジタル庁にて現任。データ戦略策定、データマネジメント推進、教育データ標準化に従事。全国市町村で幅広くオープンデータ推進の支援、指導を行っている。武蔵大学 非常勤講師 Code for YOKOHAMA 副代表 / CBO など現任。

古山 隆幸 氏

株式会社イトナブ 代表取締役/一般社団法人イトナブ石巻 代表理事/一般社団法人ISHINOMAKI2.0 理事

宮城県石巻市出身。地元石巻を高校卒業と同時に離れ東京にてITと出会い、事業を起こす。3.11以降は東京と石巻を行き来する日々を続け、母校である宮城県立石巻工業高校や近隣の高校においてソフトウェア開発の授業を行う。同時に若者であれば誰でもが気軽にプログラミングを学べるイトナブを立ち上げ、小学生から大学生を中心にプログラミングについて学べる環境づくりや、とがった若者が育つ環境づくりに人生をそそぎながら「触発」「遊び」というキーワードで石巻を新しい街にするべく活動中。

現在は都市部と地方部のプログラミングの学びの格差をなくし、地方部でも世界にチャレンジできるプログラマを育てることに注力しており、宮城県石巻、山口県周南市、岩手県滝沢市、奈良県生駒市、神奈川県横須賀市、福島県郡山市など地方都市部でプログラミングを学べる環境を全国に展開中。

原 亮

エイチタス株式会社 代表取締役/総務省 地域情報化アドバイザー/中小企業基盤整備機構 人材支援アドバイザー/特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター副代表理事

編集者、ITベンチャー等を経て現職。ソーシャルな視点で、地域の課題解決から企業の商品・サービス企画まで、アイデア創発を通じた「場」づくりを幅広くサポート。事業創発を担う共創人材を全国で育成する年間プログラムや一般の大手組織へのコンサルティングなど多数(製薬メーカー研究所、通信キャリア、ICT関連企業等)。加えて、1次産業、観光、介護、防災、地域資源、スポーツなどあらゆる分野にIT活用を絡めた異分野・地域間の連携の場づくりにも従事している。

*本シンポジウムは宮城県の「オープンデータによるみやぎ官⺠共創促進事業」により実施します。

*国際オープンデータデイ(International Open Data Day)について

世界中のコミュニティが、それぞれでオープンデータを利用するローカルイベントを開催するオープンデータの祭典。世界中の都市、地域で同日に開催され、オープンデータの公開・利活用や機運の醸成等のオープンデータに関連した各々の企画が催される。今年は3月4日から10日の間が対象期間となっている。

◆お問い合わせ

エイチタス株式会社(事務局)myg_opendata@h-tus.com https://htus.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント