TOP

すごいHaskell こはまさんと学ぼう #13 - 関数型問題解決法 -

イベント内容


こはま「Haskellは芸術」

知る人ぞ知るc0hamaさんと一緒にみんなでわいわいしながらHaskellを勉強します。

主催者zetta1985がHaskellとか関数型言語とかを全くと言っていいほど分かっていないので、
今まで敬遠してた方も、この機会にぜひ。

【目的】
  • すごいH本を通じて、純粋関数型言語Haskellを楽しく学ぶ。
  • みんなと一緒にプログラミング言語を楽しむ。

対象者
  • すごいH本を買ったけど、積読しちゃってる方
  • Haskellが気になるけど、独学ではモチベーションが保てない方
  • 名古屋に住んでおきながら純粋関数型言語を知らない事に負い目を感じている方
  • 関数型言語の勉強会に行ったけど、みんなが何言ってるか分からず挫折した方
  • 関数型言語とかよくわからないけど、みんなとプログラミング言語を楽しみたい方

内容
すごいH本をさらっと読みつつ、みんなで疑問点や気になる点を質問・解消していく流れ。

今回は「第9章 もっと入力、もっと出力」の「9.6 ランダム性」からやって9章をさらっと終えたのちに、「第10章 関数型問題解決法」をハッカソン形式でやります。


持ち物
  • すごいH本 (無ければ隣の人に見せてもらえるかも)
  • ノートPC
  • Haskellをみんなと一緒に楽しもうと思う気持ち

事前準備
  • Haskell Platformをインストールしておく(イントロダクション参照)
  • 第10章をサクっと予習してくる

【場所】

「こはま枠」は、こはまさん専用参加枠です。
こはまさん以外の方は、一般枠でご参加ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2013/12/17(火)
19:30〜21:30
参加者
8人 / 定員18人
会場
ニューキャスト様セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵3丁目22-8

注目のポジション