TOP

はじめてのスマホ連動 〜スマホとハードウェアの連動〜

イベント内容

■説明
スマートフォンからコントロールするガジェットや、スマートフォンをHUBとしてクラウドへセンサーデータをアップロードするサービスの開発が盛んです。この講座では、Androidスマホとハードウェアを接続する各種方法の概要を学びます。また実際にアプリからマイコンと接続したLEDコントロールを行う体験学習。

■内容
本講座では,講義と演習とによって以下のような内容を学びます。

1.講義

  • Androidとハードウェアの各種接続方法の利点、欠点
  • Wifiによる接続
  • BLEによる接続
  • ADK(USB-device)による接続
  • USB-hostによる接続

2.演習

  • 実際にプログラムしてアプリからマイコンのLEDをコントロールしてみる

■講師紹介

K2-GARAGE 栗元 憲一 氏
http://k2-garage.com/saito/Welcome.html
SoC(systemOnCjip)の開発に十数年従事した後、
AndroidとHardwareを用いたソリューションの開発に取り組む。
Google developer day 2011 developer sandbox採択。
世界銀行主催RaceForResilience Mozila賞。
書籍「FPGAキットで始めるソフト&ハードまるごと設計」出版。
参考サイト
Android Vehicle

■講座概要

項目 内容
講師      K2-GARAGE 栗元 憲一 氏
対象・前提知識 CもしくはJavaで簡単なプログラムを作成したことがある人。
  上記どちらも経験無い場合はガッツがある人。
  ArduinoとAndroidの開発環境が動作するPCまたはMacまたはLinuxマシンを持っていること。
  参加される方は以下二つの開発環境をインストールしてきてください。
  (1)Arduino開発環境(下記URLにある「Arduino1.0.6」)
  http://arduino.cc/en/Main/Software
  (2)Android開発環境(下記URLにある「Eclipse ADT」)
  http://developer.android.com/sdk/index.html
  上記開発環境インストールがうまくいかない場合は以下のfacebookページに書き込んでください。
  https://www.facebook.com/groups/281893948675673/
  スマートフォンとハードウェアを連動させた開発に必要な手法を学びたい、理解したい方
コース日数   1日(13:00〜19:00)
コース日程   2014年10月18日(土)
研修会場    ロボスクエア
住所      福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館2階
アクセス http://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/about/access
持参するもの  ノートPC、筆記用具(ノートPCを持たれない方はメール[officeアットnpo-aip.or.jp(アットを@に変更ください)]でご相談ください。)
受講料     無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。