TOP

ユーザーニーズを捉えるためのサービス企画立案の極意

イベント内容

ユーザーニーズを探りながら、サービスを企てるために取るべき作戦とは何か。

捉え難いユーザーニーズを探りながら、新規事業や新規サービスを企画する。 ITサービスを提供する事業会社が取り組み続けなければならないミッションと言えます。次のような課題感はないでしょうか。

  • 自社の顧客の課題やニーズに基づいたサービス企画、開発ができない。やり方がわからない。

  • ざっくりとしたアイディアだけあって、新規事業にチャレンジしようと思うが、企画の進め方に悩んでいる。結果、実行できずにそのアイディアを他社でやられ、後手に回ってしまう。

  • サービス企画から開発へどう繋げれば良いかわからない。企画としてどこまで行えば良いかわからない。

  • サービス企画にUXデザインやアジャイル開発の道具立てをどのように活かすか。

サービスをどのように企画するか。またそれどのように開発に繋げていくか。 今回のセミナーでは、これらの課題をテーマに致します。事例を交えながらどのような手が打てるのか。ご紹介致します。

<想定する参加者>
・事業会社にてITサービスの企画やマネジメントに従事している
・事業会社としてどのようにしてサービスを企画し開発していくべきか進め方に悩んでいる
・企業内のITシステム企画、運用を担当している
など

アジェンダ

14:00 - 14:10 ギルドワークスのご紹介

14:10 - 15:00 「価値発見からサービス・コンセプトへの導き方 -価値探索フェーズの紹介-」市谷聡啓

<概要>

まだ柔らかいアイデアや企画案からソフトウェア開発の入り口に立つためには、どのようなコンセプトの下、何をつくるべきかを見立てる必要があります。今回は、KA法で分析した結果をもとにどのようにサービス企画、開発へと繋げるのかご紹介致します。道具立てとしてはリーンキャンバスをベースにカスタマイズをした「仮説キャンバス」を用います。

- ユーザー課題とビジョンの両方向からプロダクトのコンセプトを練り上げる「仮説キャンバス」
- ユーザー行動ベースで実用最小限のプロダクト(MVP)を特定する「ユーザーストーリーマッピング」

<話し手>

ギルドワークス代表 市谷聡啓

ギルドワークス代表。
システム企画案やサービスのアイデアからのコンセプトメイキング(プロダクトオーナー支援)や、アジャイル開発の運営・マネジメントを得意としています。
プログラマーからキャリアをスタート。SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発のマネジメントを経て、ギルドワークス代表に。それぞれのフィールドから得られた実践知で、ソフトウェアをお客様と共創します。
主な実績として、製造業向けの在庫管理システム、人材派遣業向けの基幹システム、大規模ECサービス、人材紹介サービス、営業支援サービス、プロダクトオーナー支援、アジャイル開発内製化コンサルティング、IT戦略立案支援などがある。訳書に「リーン開発の現場」がある。

15:10 - 16:00 「ユーザーの声ではなく価値に着目し仮説を生み出す方法」佐々木将之

<概要>

ユーザー体験・ユーザー経験に沿った企画を立てることは重要です。しかし、開発者や企画者の妄想ではないユーザーの意見を取り入れることはなかなか難しいものです。
ユーザーの声をそのまま鵜呑みにするのではなく、「ユーザーの価値観」に着目することが大事となります。ユーザーの価値観に着目することで、言葉上で表れているもの以上に深い洞察(インサイト)を得ることができ、製品・サービス企画のヒントに繋げることができます。
どうやってユーザーの価値観に迫るのか、その方法論としてのUXデザインの中から、一つの方法として「KA法」と、その実例をご紹介いたします。

<話し手>

ギルドワークス 佐々木将之

実利用者(エンドユーザー)の経験・心の動きに沿うことを心掛け、それらをシステム・サービス企画に情熱を持って取り組んでいます。
プログラマー・エンジニアという技術者の視点を持ちつつ、開発の現場、お客様の現場、実利用者の現場のそれぞれを繋いでいくことを大切にし、実際に使われる、そして価値あるシステム・サービスを創りあげます。
主な実績として、Androidスマートフォン向けの動画再生プレイヤーエンジンの設計・実装、飲食店向けクラウドオーダーシステムの開発・運用など。

16:00 - 16:30 質疑応答


ご案内

本イベントは有料です。受付にて参加費をお支払いください。領収書が必要な方は、当日お申し出ください。
問い合わせ、ご連絡は、こちらまで。お気軽にどうぞ。
info@guildworks.jp

参加者
10人 /定員10人
申込先
会場
興和六本木ビル6F 会議室3
東京都港区六本木2-4-5

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント New

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
131 views
イベント New

【レポート】デジタルマーケティングから紐解き、マーケティングをもういちど考える:デジタルマーケティング[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
307 views
イベント

11月(後半)に開催される注目のITイベント・勉強会まとめ

11月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加...
575 views