TOP

自動テストの誤解とアンチパターン

イベント内容

自動テストへの誤解を解いてみませんか?

自動テストがうまくできていない現場のパターンとして、チームのスキルそのものの不足以外に、その自動テスト自体への理解度の浅さがあると思っています。

理解が浅いから、どこまですればいいか分からない(=故にできないと思う)、ロジカルにメリットを上司に説明できない(=故にうまく支援が得られない)のではないかと考えています。

そこで今回は、きょんさんに2014/02/12の楽天Tech Talkの再演とワークショップを中心にお話してもらい、これらをインプットにした上で、それぞれの現場やチームにうまく自動テストを導入し、効果を出す一歩ができたら嬉しいと思いました。

※画像:LicenseAttribution Some rights reserved by raymaclean

こんな方はぜひお越しください

1.自動テストの効果をうまく引き出せていないと感じているエンジニア
2.自動テストをもっとチームや組織に広めていきたい方
3.他の現場の自動テストの事例を知りたい方

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

コンテンツ(予定。詳細は決まり次第Updateしていきます)

時間 タイトル 説明
13:00 - 13:30
13:30 - 14:50
14:50 - 15:20
15:30 - 16:00
16:05 - 16:35
16:45 - 17:30

スピーカー:きょん

ソフトウェアテストアーキテクト。
ソフトウェアテストを専門にし、テスト戦略やテスト設計に関するモデリングの手法やアジャイルなソフトウェアテストに関する研究と実践を行っています。GroovyやF#などのプログラミング言語を好んでいて、断然IntelliJ IDEA派です。
Nagoya.Testing, SCMBootCamp, 基礎勉強会などの勉強会を主催しています。
Twitter:@kyon_mm
Facebook:https://www.facebook.com/kyon.mm.5

今回のテーマの対象領域

 開発効率化

受付開始

 12時半からです。

スタッフ

 中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

 DevKan


※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2014/04/19(土)
13:00〜17:30
参加者
33人 / 定員40人
会場
はてな(京都オフィス)
京都府京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル