TOP

第3回concrete5京都勉強会

イベント内容

内容

今回は主にWeb制作者向けの内容になります。前回に引き続き、concrete5の最新バージョン 5.7 のためにテーマを開発する手順をハンズオン形式で勉強します。

前回の勉強会で作成したテーマのダウンロード方法

前回の勉強会で、concrete5のテーマを作る方法を途中まで進めました。
下記URLの「ステップ9: スタイルプリセットを作成」の「Downloads」から、前回の勉強会終了時点のデータをダウンロードできます。

https://github.com/hissy/c5_theme_development_tutorial/releases

今回の勉強会では、ステップ9まで進んだ状態から進めていきますので、前回の勉強会に参加されていない方は、ステップ9のデータを事前にダウンロードしておいてください。また、上記URLから復習もできます。

今回進める内容

ページテンプレートの作成

ページテンプレートを作成することで、ページごとにレイアウトを選択することができます。

404ページのカスタマイズ

ページが見つからない場合に表示される404、403ページの表示をカスタマイズする方法です。

ブロックテンプレートの作成

テーマを作成するだけでは、ナビゲーションのスタイルが揃いません。オートナビブロックの表示をカスタマイズしましょう。

パッケージ化

作成したテーマとブロックテンプレートをまとめて、パッケージ化しましょう。パッケージ化することで、マーケットプレイスで配布可能になるほか、1つのフォルダにまとまることで管理しやすくなります。

準備

  • 当日に実際に手を動かしてテーマ作成してみたい方は、あらかじめconcrete5のバージョン5.7.3.1を「空白のサイト」でインストールしてから参加してください。MAMPやXAMPPなどのローカル環境がおすすめですが、ご自身で契約しているレンタルサーバーでも可です。
  • インストール方法が分からない/当日までに間に合わなかったと言う方は、会場に早めにお越しください。インストール手順をお手伝いします。勉強会開始後は、インストールが終わっている前提で進めます。
  • テーマを作成しますので、HTML/CSS/PHPファイルを編集するためのテキストエディタもご用意ください。

備考

  • HTML/CSS/PHPについての知識や編集方法についてはサポートできません。時間が限られていますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
  • テーマの作成作業を実際に行なわなくても、聴講のみで参加可能です。
  • 途中入退室OKです!

主催

concrete5 関西ユーザーグループ

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。