TOP

【報告会】DockerCon 2015 レビュー

イベント内容

【お願い】当日は受付票を持参ください。受付番号で出欠を確認させていただきます。(Web画面可)

【報告会】DockerCon 2015 レビュー

今年のDockerConを契機にDockerがProductionレベルで使える事がわかってきました。 日本ではまだ、開発環境でしか使用されてないDockerが、米国ではどんどんProductionに投入されています。今回、DockerConで発表された事例情報を共有すると共に、最新の技術情報を解説いたします。

セミナー対象者

IT戦略・情報システム部門における責任者・リーダー

時間

19:30 ~ 21:00

受付開始 19:10

会場

秋葉原UDX 6F Room F

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 会場は こちら のリンクをご覧ください。

  • JR秋葉原駅電気街口から直通の「アキバブリッジ」を通って徒歩3分。

参加費

無料

※ 受付で名刺を1枚頂戴いたします。 忘れずにお持ちください。

スケジュール

時間 内容 氏名
19:30 〜 20:30 DockerCon 2015 報告 事例情報中心に振り返り クリエーションライン株式会社:
鈴木 逸平
20:30 〜 21:00 Docker技術情報アップデート
Dockerを中心としたエコシステムが
DockerConの前後でどのように変わったのか。
Docker Engine本体のアップデート情報をはじめ、
新機能のプラグインやネットワークのほか、
Docker Machine・Swarm・Compose等、
周辺のオーケストレーション・ツールに
関する最新動向を共有いたします。
クリエーションライン株式会社
Technology Evangelist
前佛 雅人

21:00 〜 懇親会




ハッシュタグ #docker




注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。