TOP

第8回 Functional忍者

イベント内容


今回のFunctional忍者は


maeda_先生に、

Scalaが他の静的型付き関数型言語よりいいところを見せつけてもらうです。の予定でしたが、

いろいろあってまとまらなかったので、ScalaにおけるObjectの位置づけにしぼって話します。


ちょうど、ScalaDaysでのOdersky先生の発表の41〜43ページあたりのことを細かく解説します。

http://www.slideshare.net/Odersky/scala-the-simple-parts


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Functional忍者とは

初心者向け関数型勉強会です。

先生方には以下のお願いをしています。

  • 気兼ねなくわかるまで質問してもいい会にしたいです
  • 自分が書いたコードは説明できるようになりたいです

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2014/06/25(水)
19:00〜21:00
参加者
7人 / 定員20人
会場
株式会社NGCS 様 オフィス
名古屋市中区富士見町13-19(富士見町八木ビル503号)