Wakameユーザ会 #011

イベント内容

OpenVNet live demo from scratch

キーケンス アンドレアスが日本語で発表します。

次の用なデモを行います。

  • 1台のCentos VMの上にOpenVNetをインストールします。
  • OpenVNetで複数の仮想ネットワークをどのように構築するかをデモします。
  • vnflows-monitorを使って、フローの様子と、簡単なトラブルシューティングを紹介します。

OpenShift Originのアーキテクチャーから考えるDevOpsの未来像

中井悦司さんが日本語で発表します。

Docker&KubernetesをベースとしたDevOps環境を提供する「OpenShift Origin」について、内部構造の概要と利用者視点でのアーキテクチャー(各種設定がどのように関係しあうのか)を解説します。

コンテナを利用したDevOpsの実現にはさまざまな手法が考えられますが、次のような点をざっくばらんにディスカッションできればと考えています。

  • OpenShiftのアーキテクチャーはいけてるのか?
  • このアーキテクチャーを前提にどのような利用方法(ユースケース)が考えられるか?
  • DevOpsを実現するためのアーキテクチャーは、本来どうあるべきか?

発表資料は、下記の情報をベースにまとめる予定です。

・OpenShift関連情報リンク集
http://enakai00.hatenablog.com/entry/2016/01/03/211029

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント