TOP

ユースケースから考えるサービスデザイン & 開発のメソッド

イベント内容

概要

サービス開発の際、関係する業務のフローや利用するユーザーについてどう理解しプロダクトへ落とし込んでいますか?

ユーザー中心設計でユーザーへの共感・理解は深めてもビジネスサイドへの理解がないことで利益化につながらなかったり、逆にビジネス都合で業務フローには乗っているがユーザーに使われないものを作ってしまって無理なマネタイズを強いられていたり…。

昨今、ユーザーやビジネスサイドのステークホルダーのユースケースを抽象化することでモノ・コト・ヒトを理解し、サービスコアを見つけそれに沿ったUXデザインやUIデザイン、またシステムの設計や実装を日々行うことが大切とされています。

この勉強会は、正しくモノをつくるため に必要なメソッドやワークフローのナレッジをみんなで体感しながら学び会おうという場です。

今回のテーマ

今回はユースケースとモデリングにフォーカスをあてて、主にデザイナー側でいうUCD(User-centered Design)やエンジニア側の設計手法でもあるDDD(Domain-driven Design)、それらに関係するワークフローの話と、ユースケース抽出してモノ・コト・ヒトの理解を実践するワークショップを行います。

タイムテーブル

時間 タイトル 概要
19:00-19:15 開場・受付 受付時間が短いのでご注意ください。
19:15-19:30 LightningTalk: UCDとDDD ワークショップを前に、UCD(User Centered Design)やDDD(Domain Driven Design)について共通点とメリットとそれに関係するワークフローなどについて簡単におさらいします。by @tyshgc
19:30-21:30 ワークショップ: テーマからユースケースをみつけよう いくつかのテーマ(現実にあるサービス)からグループに分かれてユースケースをみつけ、ユビキタス言語を定義してモデリングを行い、ディスカッションするところまで実践します。

ターゲット

UXデザイナー / UIデザイナー / エンジニア / プロダクトオーナー

募集について

今回はワークショップが含まれますので抽選とさせていただいております。

会場

株式会社プレイド オフィス

東京都品川区西五反田1-5-1 五反田サンケイビル4F

https://plaid.co.jp/

オフィスでの受付方法

ビルの都合上、場合によっては正面玄関から入れない場合があります。その場合、19時15分 までは裏口に係りの者が立ちますが、19時15分以降に来られる場合は Twitterの @tyshgc 宛てにメンションしていただくか、#design_for_user をつけてツイートして呼びかけてください。

  • 案内図はこちら

https://goo.gl/photos/iCh8xTS8smwqVTZx9

ご持参いただくもの

  • 名刺 2枚
  • 筆記用具(ペン)

費用

無料

参加者
20人 /定員20人
申込先
会場
株式会社プレイド
東京都品川区西五反田1-5-1 五反田サンケイビル4F

注目のイベント

コラム

イベント New

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
167 views
イベント

【レポート】デジタルマーケティングから紐解き、マーケティングをもういちど考える:デジタルマーケティング[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
330 views
イベント

11月(後半)に開催される注目のITイベント・勉強会まとめ

11月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加...
624 views