第1回Reactive Application Development読書会@西新宿

イベント内容

開催概要

「Reactive Application Development(by Duncan Devore and Sean Walsh)」の読書会1回目です。

進め方

事前準備

  • 担当ページの翻訳(or要約)※担当ページは読書会の最後に決める

当日

  • 事前翻訳した内容を当日順にシェアし、その内容に対してディスカッション
  • 翻訳やシェアの具体的な方法は初回参加時に説明
  • 最後に次回分の要約を次回参加可能な人で割り振る
  • 1回20ページ程度のペースで進めてみて、ペースは参加者に合わせて調整して行く

今回のターゲットと分担

  • Welcome ... @yugolf
  • brief contents
  • 1.What is a Reactive Application?
    • 1.1 Why do I need a reactive application? ... @negokaz
      • 1.1.1 Distributed Computing
      • 1.1.2 Cloud Computing
    • 1.2 Web shopping cart: complexity beneath the surface ... @j_kugiya
      • 1.2.1 Monolithic architecture: difficult to distribute
        • CENTRALIZED RELATIONAL DATABASE MANAGEMENT SYSTEM
        • TIGHTLY COUPLED MIDDLEWARE
        • LOAD BALANCER
        • UNIVERSAL SCALABILITY LAW
        • CONSISTENCY AND CAP THEOREM ... @ythink
        • CONSISTENCY MODEL
      • 1.2.2 Reactive architecture: distributable by default ... @hasegawa
      • 1.2.3 Understanding the Reactive Architecture
      • 1.2.4 Monolithic shopping cart: creating an order ... @tkqubo
      • 1.2.5 Event Sourcing: A banking example ... @applideveloper
      • 1.2.6 Reactive shopping cart: creating an order with event sourcing
    • 1.3 What are reactive applications reacting to? ... @yugolf
    • 1.4 What You Will Learn
    • 1.5 Summary

想定参加者

  • Reactive Application Development を一緒に読んでみたい方
  • Reactive Systems, Akkaについて学びたい方
  • 途中参加も可能

用意していただくもの

タイムテーブル

時間 内容
19:15 開場
19:30~22:00 まとめてきた内容をシェア&ディスカッション

今後の開催予定

  • 読み終わるまで毎週木曜日(たまに休み)に開催する予定です。

これまでの読書会

読書会 内容
  • まとめ情報はGoogleドライブで参加者のみに共有
  • 過去の情報も参照できるので、途中からの参加も問題ありません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。