デジタル制御電源の短期開発に向けたモデルベースデザインの活用セミナー

イベント内容

セミナー内容

本セミナーでは主要な工程の技術を紹介し、中でも重要となる回路検証については最新の制御エミュレータシステムのデモ展示によりモデルベース開発を体験して頂きます。 また、セミナーの後半ではモデルベース開発に適したMATLAB/Simulinkのツールおよび、テキサス・インスツルメンツ社C2000マイコンの紹介を行います。

アジェンダやお申込みはこちらから

https://store.macnica.co.jp/contents/119089

こんな方にオススメです!

・デジタル制御電源、モデルベース開発に興味のある方

・デジタル制御電源の開発にお困りの方

・短期間でデジタル制御電源を開発したい方

・従来のアナログ電源をデジタル制御電源に変更したい方

・カスタム性の高いインテリジェンスな電源を開発したい方

なぜモデルベース開発が必要?

マイコンを使った電源のデジタル制御は電源の高性能化、高機能化を実現するために有効ですが、制御系設計・デバッグ・評価が難しいため、開発期間が長くなるという問題があります。 富士通様では、車載組み込み機器の開発で用いられるモデルベース開発を電源に適用する事でこの問題を解決しています。モデルベース開発では制御設計、回路検証、コーディングをモデルに基づいたシミュレーションを駆使して段階的に行います。

アジェンダやお申込みはこちらから

https://store.macnica.co.jp/contents/119089

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。