TOP

アジャイル開発とスクラム MeetUp 2017/04

イベント内容

「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。

スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。

そんな人のために「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」という書籍が出版されています。

http://amzn.to/2jWHQkg

このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです!

テーマ

書籍の第2部を中心に「知識と組織」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。

タイムテーブル

  • 1830 - 1900 : 開場
  • 1900 - 1910 : オープニング
  • 1910 - 1920 : 書籍全体、第3部の紹介
  • 1920 - 1940 : 「未定」 by 未定
  • 1940 - 2020 : 「第3部の読みどころ」 by @kyon_mm
  • 2030 - 2100 : ディスカッション

目次参考

第3部 アジャイル開発とスクラムを考える

  • 執筆 野中郁次郎、平鍋健児
  • 第八章 竹内・野中のスクラム論文再考
  • インタビュー ジェフ・サザーランド氏 スクラムで仕事のやり方を変え、世界を変えたい
  • 第九章 スクラムと知識創造
  • 第十章 スクラムと実践知リーダー
  • 特別対談 野中郁次郎×平鍋健児 イノベーションに必要なのは、対話を通じて共振・共感・共鳴する実践知リーダーシップであり、それがスクラムの心だ

会場への入り方

名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「アジャイル開発とスクラム MeetUp」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。

Google Map

参加者
9人 /定員12人
申込先
会場
株式会社オンザロード 会議室
名古屋市中区錦1-19-24 (名古屋第一ビル 4F)

注目のイベント

タグに関連するイベント

2017/11/30(木) 19:00 〜 22:00
東京都 赤羽橋
2017/12/09(土) 19:30 〜 21:30
東京都 渋谷

コラム

イベント New

【レポート】動画サービスを支えるUIUX:急成長する動画市場[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
188 views
イベント New

【レポート】加速する動画ビジネス最新事例:急成長する動画市場[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
228 views
イベント

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
275 views