第1回 筑前情報セキュリティ勉強会

イベント内容

4月29日(土)に、博多駅前のBASESにて情報セキュリティの勉強会、 第1回 筑前情報セキュリティ勉強会を開催します。

第1回となる今回は、 4月8日(土)から1週間かけて開催したオンラインの情報セキュリティのコンテスト『FIT-HACK CTF』(https://ctf.nw.fit.ac.jp/ )の話を中心にインフラ環境の話や問題の解説をコンテストを 運営した方々に行っていただきます。

初心者の方、CTFに参加したことがない方でも十分楽しめる内容となっていますので、ぜひお越しください。

CTFとは、Capture The Flagの略で、情報セキュリティー分野で技術を競う手法の1つです。 参加するチームは、自分のホストを守りながら、他チームのホストを攻撃します。 攻撃の方法には、改ざんや情報取得などがあり、より多くの攻撃をしたチームが勝利となります。
http://www.elite-network.co.jp/x/dictionary/it/ctf.html より引用

参加費

参加費は無料です。

タイムスケジュール

13:00 - 13:30 受付

13:30 - 14:00 オープニング, 自己紹介

14:00 - 15:00 みんなで振り返るFIT-HACK CTF(福田 隆盛)

15:10 - 16:10 オンラインCTFを支えるインフラ環境(占部 竣平)

16:20 - 16:50 LT

16:50 - 17:00 クロージング

講演

みんなで振り返るFIT-HACK CTF(福田 隆盛)

CTFの問題作成には、知識、環境、難易度などを考慮する必要がありました。

今回FIT-HACK CTFの問題解説を中心に使用したツールや環境、

問題作成の背景などを紹介させていただきます。

オンラインCTFを支えるインフラ環境(占部 竣平)

オンラインCTFは日本のみならず、世界各国から多くの方からアクセスが来ます。

そのため、スコアサーバーや問題サーバーを安定させるためにはロードバランシングが必要不可欠です。

今回は大規模なDDoS攻撃にも耐える最強のインフラ環境について詳しく解説していきます。

LT(ライトニングトーク)について

5~10分程度のLT(ライトニングトーク)を募集しています。

内容は、セキュリティに関係しない話題でも大丈夫です。

ご希望の方は、LTのタイトルをコメント欄に投稿してください。

話者紹介

占部 竣平

福岡に住んでいるとある大学生。大学サークルのメンバーと共に様々なセキュリティコンテストに出場したり、セキュリティ関連の勉強会で講演を行っている。OWASP Kyushu Chapter Board Member。

福田 隆誠

FIT-HACK CTFの問題リーダー。普段は大学の仲間とCTFチーム『Et Cetera』で様々なコンテストに参加している。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。