TOP

クリップ
2017/06/22(木) 19:30 開催
大阪府 大阪

Rails Developers Meetup #2 (大阪会場)

基本情報

日 時 2017/06/22(木) 19:30 〜 21:40
会 場 株式会社Aiming
住 所 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 18階
定員数 申込 14人/定員 20人
申込先 connpass
主 催 Rails Developers Meetup

イベント内容

イベント概要

Ruby on Railsを利用する現場でどのような個別の問題に取り組んでいるのか。

第一線で活躍する開発者・導入企業から発想やアプローチ、成功体験、失敗体験を学び、Railsをよりよく活用していくための非営利目的の勉強会です。

今回の大阪会場では、LT発表等なく、Google Hangoutを使った中継のみとなりますが、質疑応答などでの参加は可能です。実践的な知見に触れるチャンスですので、お気軽にご参加ください。

イベント対象者

Ruby on Railsに関心のある学生・社会人

タイムテーブル

時間 発表内容・登壇者
19:15 〜 開場
19:30 〜 19:35 オープニング
19:35 〜 20:10 Keynote 01(35min)
クラシルのwebサイトをちょっとした改善で100倍速にした話
奥原 拓也さん(dely株式会社 リードRailsエンジニア)
20:10 〜 20:45 Keynote 02(35min)
ふつうのRailsアプリケーション開発
大仲 能史さん(株式会社ドリコム スペシャリスト)
20:45 〜 20:55 休憩
20:55 〜 21:05 LT 01(5-10min)
技術的負債とリファクタリング
@sinsoku_listyさん(株式会社grooves)
21:05 〜 21:15 LT 02(5-10min)
ドリコムで使ってるgem一覧
@sue445さん(株式会社ドリコム)
21:15 〜 21:25 LT 03(5-10min)
ペパボで使ってるgem一覧
@kenchanさん(GMOペパボ株式会社)
21:25 〜 21:35 LT 04(5-10min)
データフィードの現場で書く Rails アプリケーション
@284kmさん(株式会社フィードフォース)
21:35 〜 21:40 クロージング
21:40 〜 22:00 撤収
  • 各セッションは質疑応答時間を含みます。
  • 質疑応答はTwitterを使って行います。
  • 各セッションは、Google Hangoutを使って中継いたします。
  • 発表はGoogle Hangoutの画面共有を利用いたしますので、発表可能なノートPCのみご持参ください(HDMIケーブル等の準備は不要です)

発表テーマ・登壇者情報

Keynote 01

『クラシルのwebサイトをちょっとした改善で100倍速にした話』

レシピ動画サービスのkurashiru[クラシル]ではアプリが評価されているが、webサイトにも注目してほしいところ。気が付かないところで小さな改善を繰り返している。webサイトを評価するには様々な指標があるが、最も重要な事の一つに表示速度がある。表示速度の改善において、クラシルで取り組んだことをちょっとだけご紹介したい。

奥原 拓也さん(dely株式会社 リードRailsエンジニア)

大学生からプログラミングを始め、受託会社でアルバイトをしていた。大学の研究室では生物化学を専攻し、大腸菌と日々戦っていた。就活をどうするか考えていた時に、delyに誘われ、昨年の9月に大学院を半年も経たず中退し、delyにジョイン。主にサーバーサイドを担当しているが、railsが関わるものすべてに顔を出す。rails歴は5年程度。最近好きな料理は磯辺焼き。休日は美味しいアイスカフェラテを探している。猫派。

レシピ動画サービス『kurashiru[クラシル]』とは?

6600件のレシピを1分の動画で紹介する日本最大のレシピ動画サービス。サービス開始より約1年で月間総再生数1億5千5百万回、SNSファン数220万人を突破。 2016年度 Google Play「自己改善アプリ賞」、App Ape Award 「スタートアップアプリ賞」受賞。2017年4月、TV CM放映開始。

Keynote 02

『ふつうのRailsアプリケーション開発』

Rails は opinionated framework と言われますが、「レールに乗る」ために頑張らないといけないことがたくさんあります。ふつうのことを、ふつうにやるだけで開発できるように見せかけるのがエンジニアの腕の見せ所だ!というポイントをご覧に入れます。

大仲 能史さん(株式会社ドリコム スペシャリスト)

2006年に株式会社ドリコムに入社後、SNS やブログの構築を手がける。2009年より、ソーシャルゲーム事業の立ち上げに伴いソーシャルゲームの開発・インフラ構築に携わる。現在はドリコム全体の開発基盤を整えつつ、自分も最前線でコードを書き続けている。

LT 01

『技術的負債とリファクタリング』

@sinsoku_listyさん(株式会社grooves)

Rails歴は6年くらい。株式会社 grooves ではエンジニア向けの転職サイト Forkwell Jobs の開発をしつつ、RuboCop の導入や Rails 5 へのアップグレード業などをしてきました。

LT 02

『ドリコムで使ってるgem一覧』

@sue445さん(株式会社ドリコム)

ドリコムで社内gemを中心にアプリからインフラまでサーバサイドを浅く広く見ています

LT 03

『ペパボで使ってるgem一覧』

@kenchanさん(GMOペパボ株式会社)

津田沼エンジニア。GMOペパボEC事業部のチーフテクニカルリード。

LT 04

『データフィードの現場で書く Rails アプリケーション』

@284kmさん(株式会社フィードフォース)

湯島にあるフィードフォースという会社で、Rails を中心にサービス開発で必要になること全般に関わっています。

会場

株式会社Aiming 大阪スタジオ

会場設備について

  • ゲスト用Wi-Fiあります。認証情報等は会場でご案内致します。
    • 個人のWi-Fiルータの利用も可能です。
  • 会場内の電源はご自由にご利用頂けます。
  • ごみは各自お持ち帰り下さい。

参加費

無料

会場提供

株式会社Aiming

参加できない方

継続的なイベントの運用のため、下記に当てはまる方の参加をお断りいたします。

  • 宣伝・採用・飲食のみを目的とした方
  • 同時間帯に複数のイベントに申し込まれている方
  • 過去に無断キャンセルが目立つ方
  • 過去にイベントの進行に関しての問題を起こした方

運営者紹介

平野 慶之(フリーランス)

第1回がご好評いただきましたので、第2回の開催となりました。毎回、これといったコネもなく、Ruby on Railsを利用している企業様・個人様に向けて、登壇依頼を送らせていただき、奇跡的に本勉強会は開催できています。すべてはご登壇いただけるスピーカーのおかげです。Keynoteは、1セッションにつき35分と長い設定になるのですが、質疑応答などで登壇者と参加者が共に学びを深める時間となり、非常に有意義に感じたため、この設定を継続させていただきました。1人でも多くの方が、この勉強会を通して、毎日使っている道具を別の角度から眺めてより好きになる機会や、いまちょうど発生している問題の解決の緒につながる機会を提供できれば幸いです。

_人人人人人人人人人人人_
> 運営メンバー募集中 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2017/10/05(木) 19:00 〜 12/21(木) 21:00
神奈川県 横浜
2017/11/19(日) 12:00 〜 18:00
東京都 六本木
2017/10/28(土) 13:00 〜 17:00
愛知県 名古屋大学
2017/10/22(日) 10:00 〜 12:30
大阪府 新家

コラム

イベント New

【東京】10月後半・土日開催のもくもく会まとめ

【東京】10月後半・土日開催のもくもく会まとめ どうも、毎月末の日曜日にノンテーマのもくも...
112 views
インタビュー New

【インタビュー】数々のモバイルゲームを開発する大手企業にはどんなエンジニアがマッチする? 異なる立場で働く現役エンジニアに尋ねる!

KLab株式会社は、数々のヒットタイトルを連発するモバイルゲーム開発企業である。 2000年の創業以来、様...
126 views
ノウハウ

東京で活躍する14のコミュニティが結集!「DevFest Tokyo 2017」スライドまとめ

Android, VR, AR, Go, Web, Cloud, Firebase, 機械学習, TensorFlowをテーマに、東京で活躍する14のテック...
531 views

Facebookページ

TECH PLAYで申込可能なイベント