SideCI勉強会 - GitHubの一段上の使い方を学ぶ

イベント内容

GitHub、GitLocalize社との勉強会です!

GitHubはチーム開発を支える基盤となってきています。しかし単純にコードをホスティングして、pull requestを処理するだけと言った使い方になっているチームは多いのではないでしょうか。

今回の勉強会ではGitHubの一歩進んだ使い方、チーム開発をより効率化するためのテクニックを学べます。さらにGitHubの提供するAPIを用いて他サービスと連携させる例として、SideCI(自動コードレビュー)とGitLocalize(翻訳)を紹介します。

学べること

  • より進んだGitHubの使い方
  • GitHubとGitHub Enterpriseの違い
  • GitHub APIについて
  • GitHub連携について
  • GitLocalizeについて
  • SideCIについて

学べないこと

  • Gitの使い方
  • GitHubの簡単な使い方

前提条件

企業内でGitHubをすでに使われている方前提のお話が多くなります。Git/GitHubの使い方自体をご存じないと楽しめません。

タイムテーブル

時間 内容
19:00 開場
19:20 開始&ご挨拶
19:30 GitHubの一歩進んだ使い方(仮題)@GitHub 松浦さん
20:00 GitLocalizeについて@GitLocalize 山下さん
20:30 SideCIについて@SideCIエヴァンジェリスト 中津川
21:00 終了
21:00〜 近くのお店で懇親会

会場

新しい働き方LAB(ランサーズさんご提供)

ご注意

イベントに強く来たい!という方以外は参加されないでください。または抽選日前日(7月12日)までにキャンセルしてください。

抽選後のキャンセルはブラックリストに載る可能性があります

お問い合わせ

atsushi@moongift.jp (中津川)

SideCIについて

SideCIはGitHubのPull Requestベースでソースコードを自動レビューするサービスになります。対応プログラミング言語にはRuby/Python/JavaScript/Swift/PHP/GOなどがあります。

SideCI - 綺麗なコードと文化を作るコードレビューのためのCI

Follow us!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。