新型量子アニーリングとnon-stoquastic hamiltonian

イベント内容

D-wave社の量子アニーリング型のマシンが2012年に実用化されて以来様々な論文や発表があり、
2015年12月にはNASA/Googleから既存コンピュータの1億倍速いという発表がなされました。
ただ、部分的に量子性を利用してイジングモデルを解くマシンとして1億倍の速度が本当に理想的な
量子コンピュータとして十分な速度であるのかという疑問がでています。

今回はより量子性の強いnon-stoquasticのモデルが世界的に流行っているので、
non-stoquasticとnegative sign problemについて学ぼうという勉強会です。

場所は丸の内もしくは本郷三丁目を予定しています。
決まり次第連絡させていただきます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。