TOP

【知っておきたいIoTセキュリティ】情報の盗まれ方と、守り方の基本。

イベント内容

ハッキング、攻撃から製品を守る方法

先日、NHKの特番( https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_1122.html ) でもとりあげられた、IoTのセキュリティ。

これからのものづくりの現場において、
スタンダードになりつつある「IoT」ですが、
セキュリティについての認識が、作る側にも使う側も
まだまだ低い現状があります。

そこで、今回、上記の特番にも出演し、
一般的なWebカメラのハッキングを実演したセキュリティ技術者である、
株式会社神戸デジタル・ラボ の村島 正浩氏をお招きして
IoTのセキュリティの初歩についてお話いただきます。

実際にセキュリティをまるで考慮せずに開発、あるいは導入した場合、将来大きなコスト増に繋がる可能性があります。

本講座では、これからIoT製品の製造・販売などを手がける方や、IoT製品の導入を検討する方を対象に、
基本的なセキュリティの話を踏まえて、IoT製品の開発・導入において注意すべきポイントを実例を交えながら解説します。

お申込みページ

https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=24757

講義構成(予定)

講演(90分)

  • IoT業界の傾向
  • IoTの製造と販売
  • IoTシステムの脅威を考える
  • IoTの内側を見る
  • 基板から見たセキュリティの欠陥を考える
  • IoT機器のハッキング実演

ディスカッション(30分)

ファシリテータを交えた質疑応答

懇親会(講演後約1時間・入退場自由・参加任意)

講演会場にて、講師を交えて参加者と交流します(*飲み物付)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/02(金)
16:00〜18:00
参加者
定員30人
会場
大阪南港ATC内(トレードセンター前駅直結)大阪デザイン振興プラザ/ソフト産業プラザイメディオ
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟