TOP

【関東】IBM Qの使い方、用語、超越性議論、実用化

イベント内容

はじめに

現在実質的に一番進んでいると思われるのがIBM Qです。すでにIBMQを一般公開し、一般ユーザーを囲い込みながら、50量子ビットの試作がすんでいるというアナウンスが出ています。また、実用化時期を設定し、具体的なビジョンを持っています。

IBMQ

以前勉強会でも取り上げましたが、IBMQの使い方や特徴を見直してみたいと思います。

量子超越性

IBMはGoogleと量子超越性を巡る議論で競争を行なっています。49量子ビット、56量子ビットあたりの話を。

チップ

IBMのチップに関するドキュメントがいくつか出ていますので、チップに関しての考察も進めたいと思います。

ビジネス面

ビジネス面に関しても様々なアナウンスが出ていますので、そのあたりもまとめてみようと思います。

スポンサード

株式会社grooves(Forkwell事業部)さんから今回の勉強会に関するスポンサードをいただきまして、
休憩時間前に途中5分ほどのCMがあります。

勉強会オンラインコミュニティ

随時情報の更新や勉強会の資料が手に入ります。わからないところを質問したり、ニュースの交換があります。
下記招待コードよりぜひご参加ください。

https://join.slack.com/t/mdr-qc/shared_invite/enQtMzEzMjg0NDE2MTY2LTNhYmU5N2NlNWExMmIyN2RkNmNmZTA0ODUxYTg2MThjODI0OTAyMjcxNTBjMDNiZGI3ZWIzZmFjZWM0NzVhYzI

場所について

本郷三丁目を予定しています。

2018/03/22(木)
18:30〜20:30
参加者
94人 / 定員100人
会場
MDR株式会社
東京都文京区本郷2丁目40-14山崎ビル3F