TOP

【2DAYS】社会人のためのExcel「統計学入門」【基礎編SPコース・統計検定3級+離散分布】

イベント内容

【要注意!】このイベントは1/20・1/21(土・日)両日の14:30~18:00で開講します。

この講座は高校数学がニガテ・久しぶりという方向けに、2日に分けて従来と比較してゆっくり行うカリキュラムとなっています。
代金には2日分の会場代・授業料・テキスト代が含まれています。

開講の目的

データ処理が誰にでもカンタンに行える素地が整い、ふつうの社会人にも統計学の知識と素養が必要な時代がやって来ました。 とはいえ、「統計学について基礎を学習したい」という社会人からは、「何から手を付けてよいか分からない」「教科書が難しい」との声が寄せられるようになっています。

この講座では統計学の基礎について、演習にExcelを活用することで学びやすくしたカリキュラムをご用意しております。 Excelがない場合は、Googleスプレッドシート(無料)をご利用ください。
(内容については、以下の「当日の流れとタイムライン」をご参照下さい。)

学習内容

主に「統計検定3級」の範囲をひと通り学習し、プラスアルファで統計分析のイメージを掴んでいただけるようになります。
(その他、各分野が現実の場面でどのように活用されているかなど、説明を加えております。)

また、Excelで演算を行いますので、Excelで各種計算を行うスキルの向上にも役立つ場合があります。手元で演習を行うため、Wi-Fiに接続できるノートPC等をお持ち下さい。

<持ち物>

  • ノートPC等(Excel を未インストールでも、Googleスプレッドシート等を利用できます。)
  • ノートや筆記具

<定員>

基本 10名まで (ストリートアカデミーと共同募集のため、各サイトの募集数は募集期間中に変動します。)

受講料の説明

参加費には2日分の会場代が含まれており、テキスト代の負担はありませんので、お得にご参加いただけます。なお、会場代の支払が完了している関係上、キャンセル受付期間締切後のキャンセルはお受けいたしかねますので、何卒ご了承ください。

当日の流れ

<カリキュラム>

第1回 データの整理と表現/初等的な確率論/基本的な数学の復習

【高校数学セクション1】

  • データを変数(文字)として扱う
  • Σ記号
  • 平方根(ルート、√ )

●データの整理と表現

データの集合から統計量を求める 度数分布 * 平均、メジアン、モード、どれが全体を代表するのか

●初等的な確率論

  • 集合と論理代数
  • 集合と確率
  • 認識と確率

【高校数学セクション2】

  • 関数と関数値
  • コインと確率
  • 順列と組み合わせ、階乗
  • 次回までのしゅくだい

第2回 どうしても知っておきたい2つの関数/離散的な確率分布

【高校数学セクション3】 * 前回のしゅくだいの答え合わせ

●確率分布

  • 確率変数と確率関数
  • 離散的な確率変数の性質
  • 離散的確率変数の期待値と分散
  • 確率変数の関数の期待値と分散

●二項分布

  • 二項分布
  • 多項分布
  • ポアソン分布

●相関

  • データの相関

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。