TOP

GoogleHome勉強会

イベント内容

概要

最近話題のスマートスピーカの1つとして、GoogleHomeが去年10月ごろに日本でも発売されました。
声をきっちり拾ったり、音声認識の精度の良さやレスポンスの早さなど、値段の割によくできていると思います。
また、Google Assistantという音声認識結果から自然言語処理をし、タスクベースの対話を実現する機能も搭載されており、音楽を流したり、家電を操作したりするのを、音声操作で行えるのも特徴の一つだと思います。
このGoogle Assistantは、Actions on Googleという開発プラットフォームを利用することで、オリジナルのアクション(GoogleHomeのアプリ)を作ることができます。

今回はActions on Googleを使ってGoogleHomeのアプリを作った(作っている)ものを、皆さんと共有できればと思います。
プレゼンをしたい方がいらっしゃいましたら、参加申込時に「発表者を希望する」を選択してお申し込みください。
「こんなの作ったよ!(作ってるよ!)」という感じの軽めの発表内容でも大丈夫です。

また、セッション後はGoogleHomeアプリをもくもく開発する時間を取りたいと思います。
開発で何か困っていることがあれば、誰かに聞いたり、共有して、今後の役に立てればいいなと思っています。

勉強会の後に送別会を行います

GDG神戸のスタッフの尾上さんと中倉さんが東京にいかれるとのことで、勉強会の後に送別会を行おうと思います。
送別会会場は勉強会会場で19時から行います。
お二人に面識がある方で、一緒に送り出したい方は、良かったら送別会にもご参加ください。
勉強会不参加で、送別会のみ参加されたい方は、別途ご連絡いただけると助かります。
送別会費は、お二人を除くメンバで、飲食代を割って清算したいと考えています。

内容

「GoogleHomeでマイクラのマイホームにきた泥棒をつかまえた話」

GDG神戸 やこまま

(内容未定)

「ドルが何円かは教えてくれるのにビットコインが何円か教えてくれないのをなんとかする」

GDG神戸 嘉多 直人

タイトル通り

「仮想コインの金額を音声で聞く」(仮)

GDG神戸 中谷 克紀

(内容未定)

「(タイトル未定)」

GDG神戸 中倉 由樹

(内容未定)

参加対象者

  • GoogleHomeのアプリ開発に興味がある人

必要なもの(もくもく会)

  1. PC
  2. Google Home(miniでも可)
    もしお持ちでない場合、Android端末でも代用はできます。
    またAndroid端末をお持ちでない場合、PC上でデバッグ環境で代用もできます。
    なるべくGoogleHomeがある方が楽しいと思います。
    ネット環境が変わると再セットアップが必要なため、あらかじめテザリング等でセットアップしておくと手間取らないと思います。

スケジュール

時間 内容
13:00 - 13:15 受付
13:15 - 13:45 「GoogleHomeでマイクラのマイホームにきた泥棒をつかまえた話」
GDG神戸 やこまま
13:45 - 14:15 「ドルが何円かは教えてくれるのにビットコインが何円か教えてくれないのをなんとかする」
GDG神戸 嘉多 直人
14:15 - 14:30 休憩
14:30 - 15:00 「仮想コインの金額を音声で聞く」(仮)
GDG神戸 中谷 克紀
15:00 - 15:30 (タイトル未定)
GDG神戸 中倉 由樹
15:30 - 15:45 休憩
15:45 - 16:15 セッション5 発表者募集中
16:15 - 16:45 セッション6 発表者募集中
16:45 - 17:45 もくもく会
17:45 - 18:00 もくもく会 成果発表(希望者)
18:00 - 19:00 送別会準備(買い出し等)
19:00 - 21:00 送別会

※スケジュールは変更される可能性があります。ご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/25(日)
13:00〜18:00
参加者
21人 / 定員24人
会場
キッズプログラミングスクール8x9 ウエルブ六甲道4番街4階 401-2
兵庫県神戸市灘区桜口町4丁目1−1

注目のポジション