TOP

#42: マヤーク・アンダーソン「UX for VR」と ヤン・ロッド「VIVEハードウェアのデザイン使い方」

イベント内容

はじめに
もし予約を取り消したい、イベントの日に14時までキャンセルをしてください。

あけましておめでとうございます。
1月のUXTalkTokyoはAQにあります!(ありがとう、AQ!)

2つのプレゼンテーションがあります。

1) マヤーク・アンダーソン 「UX for VR:喜びと落とし穴 !60日間の旅」
マヤーク・アンダーソンは、スタートアップPlusOne、Inc.のLead UX Designerで、言語の学習+コミュニケーション・シミュレーション/解析用のVRソフトウェアを開発しています。彼が最初の60日間に体験したVRにおけるインターアクションの性質、ハードウェアのトラブル、そしてところどころ見かけた人類の未来についてお話します。

2) ヤン・ロッド「VIVEハードウェアのデザイン使い方」
ヤンさんはHTCVIVE(VRのハードウェア)のデザイン方法とツールとワークフローを教える。ヤンさんは株式会社TelexistenceのLead Designerです。

その後、21時までネットワーキングをしましょう!

その後で、二次会もあるし、一緒に行って下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。