TOP

【暗号通貨輪読会#15】Enigma

イベント内容

暗号通貨関連の論文(ホワイトペーパー)を読み、その内容を理解する論文輪読会です。 なお、こちらは上級者向けのものとなっておりますので、まだビットコインに触れたことのない方やこれから深く勉強されたい方は当イベントグループが別途定期的に開催しております「暗号通貨勉強会」の方に参加されることを強くおすすめします。

論文紹介

2015年6月末、MITメディア・ラボにより分散型コンピューティング技術「Enigma」が発表された。 Enigmaは制限付き準同型暗号(somewhat homomorphic encryption)やマルチパーティ計算(Multi-party computation)を元にした、ビットコインにおけるスケーラビリティとプライバシーの問題を解決することを目的とするセカンドレイヤー、オフチェインネットワーク技術である。 イメージとしては、スマートコントラクトが暗号化されたまま実行されるようになったもの、と捉えることができる。 全ての計算は暗号化されたまま分散処理され、計算の過程や実際のデータはアクセス権限のある者しか見ることができない。 計算を行うノードに内容が漏れない点がユニークである。

論文情報

  • Title: Enigma: Decentralized Computation Platform with Guaranteed Privacy
  • Author: Guy Zyskind Oz Nathan Alex ’Sandy’ Pentland
  • Article: https://www.enigma.co/enigma_full.pdf
  • Published: 2015

発表者

原 利英(はら としひで)

株式会社AndGo 代表取締役

Twitter: @ToshihideHara

会場

クラウド会計ソフトの「Freee」さんの休憩スペースをお借りいたします。

タイムテーブル

時間 タイトル スピーカー
19:00-19:30 受付
19:30-19:40 はじめの挨拶 スタッフ
19:40-20:50 輪読会 発表者
20:50-21:00 おわりの挨拶 スタッフ
21:00-21:30 懇親会
21:30- 撤収

持ち物

  • 読書対象のホワイトペーパー(印刷またはKindle等にダウンロードを推奨)
  • 参加費
  • やる気

講演スタイル

講演者が対象となるホワイトペーパーを読み、理解した上でその内容を伝えるというスタイルで行います。 一般参加者の方は事前に深く読んでおく必要性はありません。

ただし、より深く理解するためにも、目を通しておくことを推奨します。

参加費/懇親会費について

今回は無償で会場を提供いただきましたので、参加費は無料です。 懇親会に参加される場合にはお飲み物・お食事代として1,000円負担していただきます。

なお、支払方法は

  • CoinTip
  • Bitcoin
  • 現金

のいずれかでお願いいたします。 CoinTip払いの方は予め CoinTip にデポジットいただいたうえで、受付でスタッフ (@Derorisan) 宛に送金を行ってください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/13(火)
19:30〜21:30
参加者
64人 / 定員70人
会場
freee株式会社 休憩スペース
東京都品川区西五反田2-8-1 (五反田ファーストビル 9F)