TOP

【渋谷】Node-REDでスマートスピーカーアプリを作ろう!【Google Home】

イベント内容

Node-REDでスマートスピーカーアプリを作ろう!

株式会社アイエンター×SmartHacksコラボ ハンズオン企画

内容

Node-REDを使いスマートスピーカーのアプリを作成します。

Node-REDとはオープンソースとして、プログラミングをほとんど書かないで、
SNSや外部のAPI&IoT関連のサービスを提供されているGUIでノードを追加し繋ぎ、
簡単なプログラミングでアプリケーションの開発が可能になります。

当日はこのNode-REDとGoogleのDialogflowを使って簡単なアプリを作成したいと思います。

  • あいさつアプリ
  • BMI測定アプリ
  • 数字当てゲーム (ヒットアンドブロー)

参加費

無料

参加対象者

  • プログラミング初心者だけどスマートスピーカー対応アプリを自分で作ってみたい方
  • IT業界の人と繋がりたい学生の方、エンジニア志望の学生の方
  • スマートスピーカー関連の人材と繋がりたい現役のエンジニアの方など

*もし来られなくなった方は早めのキャンセルをお願いいたします。

必要なもの

  • PC (Windows、Mac)
  • パソコンの充電ケーブル
  • Wi-Fiは会場に設置しております
  • Google アカウント ※事前に準備お願いします。
  • IBM Cloud ライトアカウント ※当日作成します。既にお持ちの方は準備お願いします。

タイムスケジュール

  • 13:30 受付開始
  • 14:00 イベントスタート(イントロダクション 高馬)
  • 14:10 スマートスピーカー市場について SmartHacks 山本様
  • 14:45 ハンズオンスタート
  • 17:30 中締め(交流会)
  • 18:30 完全撤収

資料配布・情報交換

当日の資料配布や情報交換にFacebookグループを活用しています。 https://www.facebook.com/groups/914975592004491/

「会場がわからなくなった」「遅刻しそう」などのメッセージもこちらにしていただいてOKですので、
事前に申請をお願い致します。

会場

株式会社アイエンター

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-14-10長沼ビル 8F

※エレベーターで直接8Fまでお越し下さい。

講師

高馬宏典 (通称:がおまる)

株式会社アイエンター システム開発本部 R&D
HoloLens研究開発、スマートスピーカー研究開発

最近はHoloLensよりもスマートスピーカーにはまり、個人開発のアプリ公開のみならず、
会社からもスマートスピーカー対応アプリをリリース。3種の神器(Amazon Echo、Google Home、LINE Clova)所持

注目記事:Google Homeで受付システム作ってみた

https://qiita.com/h-takauma/items/4ecc3421f2995b207284

SmartHacks様ご紹介

SmartHacks

SmartHacks(スマートハックス)は、スマートスピーカー専門ポータルサービスです。

https://smarthacks.jp/

急速に普及が進むスマートスピーカー関連の情報・知見を網羅し、 よりスマートな生活を送るためのプラットフォームを目指しています。

現在、AlexaスキルとGoogle home対応アプリの検索サイト「DataBank
スマートスピーカー専門WEBマガジン「Magazine
スマートスピーカー専門Q&Aサービス「Q&A
日本で購入できるIoT製品を集めた「IoT Market」をリリースしており、
今後も様々な新サービスを展開していく予定です。

諸注意

  • 会場の様子は活動記録として撮影致します
  • 撮影した写真はSNS等で公開する可能性もございます
  • やむを得ず、イベントが中止になる場合がございます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/04/28(土)
13:30〜18:30
参加者
31人 / 定員32人
会場
株式会社アイエンター
東京都渋谷区渋谷2-14-10(長沼ビル8F)

注目のポジション