TOP

【東京開催】OCR+ワークフローによる業務プロセスの自動化/効率化

OSS

イベント内容

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。

資料は、ご来場者のみ配布となりましたので一般への公開はございません。ご了承くださいませ。

-----


当セミナー定員8名中、Connpassからは2名募集します!

本ページは東京会場の申込ページです。

名古屋会場の申込ページは、こちら。
https://majisemi.connpass.com/event/90660/

12万枚の請求書を手入力

ホンダロジスティクスとは、二輪車・四輪車や部品の陸・海上輸送を中心に、部品納入代行、通関業、梱包、倉庫業、販売、引越し、物流機器の研究開発・製造・販売などの様々な業務を手掛ける物流会社です。
北米のグループ会社である、ホンダロジスティクス ノースアメリカでは、アメリカ、カナダ、メキシコにあるグループ9社の物流を担当しており、毎年12万枚の請求書を会計システムに対して手入力していました。

スキャナで自動的に請求書を読み込み、データ化し、会計システムに自動的に登録

そこで同社では、請求書をスキャナで自動的に読み込み、機械学習の技術を使いながらデータ化し、会計システムに自動的に登録する仕組みを構築しました。

さらにワークフローツールを活用し、業務プロセス、承認プロセスを統合、自動化し、業務を効率化しました。

これによって業務の効率化は持ちろん、キャッシュフローの改善にもつながっています。

オープンソースのAlfresco+Ephesoft(OCR+ワークフロー)で、業務プロセスを自動化/効率化する

本セミナーでは、ホンダロジスティクスの業務効率化に大きく貢献した技術、Alfresco、Activiti、Ephesoftについてご紹介します。

※ホンダロジスティクスの事例は、米Ephesoftの事例です。
※ホンダロジスティクスの事例の詳細についての説明はありません。ご了承ください。

Alfrescoは、オープンソースのドキュメント管理プラットフォームです。

Ephesoftは、オープンソースのOCR+ワークフローツールで、紙文書のスキャンとデータ化を自動化し、承認などの業務プロセスも自動化し、業務システムとの連携まで含めて自動化することが可能です。

Ephesoftは、単独、またはAlfrescoとの組み合わせで利用されます。

本セミナーでは、オープンソースを活用し、データ入力や業務プロセスを自動化するとともに、周辺の業務システムともAPI連携することで生産性を向上させる提案を紹介します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:30 オープンソースの「Alfresco+Ephesoft」で、業務プロセスを自動化/効率化する

株式会社ヴィセント 森大地

16:30~17:00 質疑応答

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。