TOP

イベント内容

API を切り口としてProduct Management を行っている実務者向けのコミュニティです。

API を学ぶ技術コミュニティはあります。Product Management を学ぶコミュニティもあります。 でもAPI を切り口としたProduct Management の情報に接する機会はあまりありません。

本コミュニティでは、API の開発やエコシステム構築といった実務に携わる方々が、お互いの情報を共有して自分のプロダクト運営に生かしていくことを目的にしています。

こんなニーズ

・API を公開したいが、どこから手を付けたらいいの?
・API を公開したけれど、API ユーザーをどうやって増やしていく?
・API エコシステム・パートナーシップを広げるには?

対象者

・製品やサービスをProduct Manager、Product Owner、製品企画として運営する方で「API」が守備範囲の方
・API Product Manager の方
・製品やサービスでAPI を通じたパートナーシップやエコシステム構築の担当の方

ディスカッション内容

・API 開発の苦労話
・API を通じたパートナーシップやエコシステムの苦労話
・社内/チーム内でのAPI 戦略や意思決定の苦労話
・テック系の方のビジネス面でのチャレンジ/ビジネス系の方のテック面でのチャレンジ
・API やAPI PM について、こんな情報ありました
・こんなAPI をこんな戦略で運営してます。仲良くしてください。

タイムテーブル

時間 内容
19:00 開始
19:00~19:10 API PM の趣旨説明
19:15~19:40 Session1: 「古豪グループウェアのREST API公開までのあれこれ」Cybozu Garoon PM 北川さん
19:40~19:45 休憩
19:45~20:10 Session2: 「API as a Productのトレンド」 CData Software Japan 疋田さん
20:10~20:40 LT1:「クラウドサインはなぜエコシステムに投資するのか」クラウドサイン PM 三科さん
LT2:「SansanオープンAPI ドキュメント制作の裏側」Sansan PM 尾部さん
LT3:「freeeオープンプラットフォーム構想とその運営よもやま」freee PM/執行役員 坂本さん
20:40~21:00 ワイワイつながりタイム
21:00 解散

入館方法

・東京メトロご利用の方はB6出口が本ビル地下1F直結となっております。
・本ビルに入館し、B1Fまたは1Fのシャトルエレベーターを利用し7Fまでお越しください。
・7Fに着き右手に進みますと、左手に入館証発行用の機械が設置してあります。
・入館ID/Guest ID(メッセージで後日お送りします)をご入力いただき、ゲート入場用QRコードを発行してください。
・奥手に、上階行きの3つのエレベーターがありすので、先ほど発行したQRコードで真ん中のゲートをくぐりエレベーターで27Fまでお越しください。
・27Fにつきましたら左手のBARという部屋が会場になります。

※写真付きの詳しい案内図はこちらをご覧ください。