TOP

台湾と学ぶ "オープンデータ次の一歩"

イベント内容

はじめに

意外と知られていませんが)台湾はオープンデータ・オープンガバメントが最も進んでいる国のひとつとされています。 たとえば、Open Knowledge Foundationによる2016/17年の国別オープンデータ世界ランキングでは世界一位と評価されており、オープンデータに関連する様々な施策や実践が行われています。また、g0vといった、オープンを軸にした各世代にわたる市民活動も活発です。

ゲストについて

今回台湾からお迎えするDong-Po Deng(ドンポ)さんは、g0vOpenStreetMap台湾などといったオープンコミュニティの一員であり、台湾政府や国内産業とともにオープンデータ・オープンガバメントを支えてきた主要人物のひとりです。また、昨年日本やアジアの各都市とともにAsia Open Data Hackathonを共催したOpen Data Alliance of Taiwan(台湾オープンデータ連盟)の副議長などをつとめつつも、オープンデータを軸にした農業生産への適用や文化遺産保存プラットフォームなどのプロジェクトにも関わっています。日本にもよくいらっしゃっており、今年オープンソースカンファレンスHokkaido2018に参加されるとのことで、急遽Meetupを企画しました。

予定内容

今回のMeetupでは、下記の方々がオープンデータなど話題提供を行いつつも 台湾の活動や日本(北海道・札幌市)の活動が共通で抱える課題や悩み、”次の一手”について情報交換ができれば、と思います。

※基本的にシンプルな英語日本語チャンポンでのプレゼンテーションになりますが、翻訳などでフォローを入れます

※お仕事の都合などで途中入退場可能です

  • 17:15 開場
  • 17:30 イベント開始
  • イントロダクション…Code for Sapporo 古川
  • 北海道大学での事例と課題…北海道大学大学院工学研究院 森先生
  • 北海道での事例と課題…北海道庁情報政策課 喜多さん
  • 札幌市での事例と課題…札幌市ICT戦略推進担当課さん
  • 台湾の事例紹介と課題 Dong-Po Dengさん・Stevenさん
  • 質問・フリートークなど
  • 1900ごろ終了・懇親会へ

こんな方に

  • オープンデータ・ガバメントを学んでいる方
  • オープンデータの今後の進め方や社会実装に興味のあるかた
  • 台湾のオープンソースコミュニティや社会情勢に興味のあるかた
  • オープンデータ担当になってしまって困っている方()

CivicTechFest Taiwan2017

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/09(月)
17:30〜19:00
参加者
14人 / 定員16人
会場
コバル計画
札幌市中央区北4条西3丁目1-17(

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。