UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本

イベント内容

私たちは誰を「しあわせ」にするためにモノをつくっているのか?

"「これは使ってくれるだろう」と期待を込めて世に送り出した機能が全く利用者に使われなかった"ことはプロダクト開発で出会うことの1つだと思います。

使われなかった理由はなんでしょうか?
機能が不足していたことでしょうか?それとも機能が磨き込まれていなかったことでしょうか?
はたまた使う人のことを理解していなかったからでしょうか?

今回のDevLOVE関西では「使う人のことを理解する」手段の1つとしてユーザーインタビューをワークショップ形式で体験し、ユーザー心理分析の基本に触れてみようではありませんか?

※画像:unsplash-logoTeddy Kelley

こんな方はぜひお越しください

1:自分達のサービスの利用者の心理分析の方法を知りたい方
2:ユーザーインタビューをやってみたけどイマイチ上手くいかなかった方

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

コンテンツ(予定)

※参考:UXデザインのはじめの一歩を体験しよう! ユーザーインタビュー、ユーザー心理分析の基本:DevLOVE関西

ファシリテーター

羽山 祥樹 (はやま よしき)

HCD-Net認定 人間中心設計専門家。
使いやすいウェブサイトを作る専門家。担当したウェブサイトが、雑誌のユーザビリティランキングで国内トップクラスの評価を受ける。
専門は人間中心設計、ユーザーエクスペリエンス、情報アーキテクチャ、アクセシビリティ。CNET Japanブロガー。ライター。NOREN。IBM Watson。IBM Champion 2018。

翻訳書に『メンタルモデル ユーザーへの共感から生まれるUXデザイン戦略』『モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド』(いずれも丸善出版)がある。

Twitter: @storywriter
Facebook: https://www.facebook.com/storywriter.jp
ウェブサイト: http://storywriter.jp

今回のテーマの対象領域

サービス開発

受付開始

12時30分からです。

スタッフ

中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

DevKan



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント