ハンズオンで理解する【SAP HANA】まるわかりin 大阪

イベント内容

SAPの業務パッケージのデータベースとして広く利用されるSAP HANAですが、SAPの業務パッケージ以外、通常のスクラッチのアプリケーションの基盤としても利用が拡大中です。トヨタ自動車様では高速部品展開のコア機能をSAP HANAを使って実装しました。
また、NTTドコモ様は全国約2400店舗のドコモショップ、10000席以上のコールセンターで生成される18TBに及ぶオペレーショナルデータをSAP HANAを利用してフル活用し、高速にPDCAを回すことで、業務プロセス変革を推進しています。

そんな、SAP HANA がもつインメモリーデータベースや分析エンジン、データ統合など、最新のインメモリープラットフォームをその場で触って体感してみましょう。

SAP HANA の基礎から応用まで1日でまるっと聞けて、使って体感できるエンジニアおよび情報システム部門向けハンズオンイベントを開催します。

セミナー終了後には懇親会(無料)も設けていますので、SAPのスペシャリストや参加者同士の情報交換やネットワーキングの機会としてご活用ください。

Agenda

1. SAP HANA概要
SAP HANAを含めSAPのインメモリープラットフォーム全体像の理解と、特徴的な機能を理解しましょう。また、無料で利用できるSAP HANA, express editionの利用方法などを説明します。
2. SAP HANAを使う前に準備運動をしてみよう!
SAP HANAのプロセス構成や、起動停止など基本的なアーキテクチャーを実機で確認しながら、ハンズオン環境を使って準備運動をしましょう。
3. SAP HANAのデータベース機能を理解しよう!
SAP HANAのデータベースの基本的な機能や、特徴であるOLTPとOLAPの統合の仕組みの理解や、データ圧縮などを理解しましょう。
4. SAP HANAと他のデータベースを統合してみよう!
SAP HANAと様々なデータソースを統合する機能を紹介します。ここでは、SAP HANAが持つデータの仮想統合、物理統合する仕組みを理解しましょう。
5. SAP HANAからTensorFlowの学習済みモデルを使ってみよう!
SAP HANAが持つデータベース内で機械学習を処理する仕組みを紹介します。ここでは、TensorFlowの学習済みモデルをSAP HANA内のデータに適用する仕組みを理解しましょう。

開催概要

・開催日時:2018/10/16(火) 13:00 ~ 17:00(受付開始 12:30)懇親会17:00 ~ 19:00
・会場:グランフロント大阪北館タワーB10階 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB Room B01
・参加費:無料 (事前登録制)
・対象者:最先端のインメモリープラットフォームに関心のある情報システム部門およびデータベースエンジニア
・機材:主催者にて機材を用意しておりますので、PC等のご持参は不要です

詳細・お申込み

*お申し込みは こちらよりお願いいたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。