注目のIDaaS「Okta」の概要と認証基盤選定のポイント

イベント内容

Office365やSalesforceなど、クラウドサービスが普及

Office365やSalesforce等のクラウドサービスを利用する企業が増えています。 低コストですぐに利用できることから今後も更に普及が進んでいくことが見込まれます。 企業によっては、このようなクラウドサービスを数種類、場合によっては十数種類以上使うケースもあると思います。その際、毎回ログイン認証が必要では、利用者にとって不便です。

働き方改革が叫ばれる中で重要性を増すセキュリティ対策

一方、人材不足や働き方改革でリモートワーク(テレワーク)が推進されており、導入する企業が急増しています。しかし、リモートワークを実現のためには、どうしても社外から機密情報が多く保存されている社内ネットワークに接続する必要が生じます。そこでセキュリティを確保しながら安全に接続できる仕組み、例えば多要素認証など、が必要になります。

不正アクセスや内部不正などの被害も増加

また、外部からの不正アクセスに加え、組織内部者の不正行為による情報漏洩も大きな問題になっています。この対策のために、認証やID管理を見直す企業が増えています。

認証・ID管理のクラウドサービス「IDaaS」とは

前述のような課題を解決するためには、統合認証やID管理を実現する仕組みを導入する必要があります。 これまでは、企業内(もしくはデータセンター)に認証やID管理用のサーバーを設置する、いわゆる「オンプレミス(オンプレ)」が主流でした。 しかし最近は、これらの機能をクラウドで提供する「IDaaS」が注目されています。 IDaaSは、面倒な認証・ID管理システムの運用をアウトソースでき、さらに中小企業であっても少額から利用できるため導入しやすいというメリットがあります。

高評価のIDaaS「Okta」について

近年IDaaS市場は急速に拡大しており、サービスも多数提供されています。 そのため導入を検討する際には、どのサービスが自社に適しているのかを見極めることが困難になってきています。 そこで今回は、ガートナー マジック・クアドラント調査でIBM や Oracle を抑えて5年連続リーダーに位置付けられているIDaaS「Okta(オクタ)」をご紹介します。 Oktaはクラウドか社内かを問わず、効率的にアプリケーションのID管理と統合認証を行うことができます。

以下のような方々のご参加をお待ちしております。

・IDaaSを検討しているが、何が最適かを知りたい方。
・「Okta」について情報を得たい方。
・「Okta」がどのようなサービスなのか知りたい方。

プログラム

15:00~ 受付
15:30~ 講演・デモ
16:40~ 質疑応答、アンケート
17:00~ 個別相談
17:30  終了

主催

ユニファイド・サービス株式会社

協力

オープンソース活用研究所 マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント