10/24(水) Scala関西勉強会 - Summit直前スペシャル

イベント内容

会場

エムオーテックス株式会社 4F
※ 電源有り。Wifiはありません。各自ご用意いただきますようお願いします。

概要

プログラミング言語 Scalaの勉強会です。

初心者の方から上級者の方まで、Scalaに興味のある方でしたらどなたでも大歓迎!

Scala関西 Summit 2018 直前スペシャル」と題して、来る 2018年11月10日、11日の2Days開催前にわいわい盛り上がっちゃいましょー!!

※ 何かやって欲しい事、聞きたい事など希望がありましたら、コメント欄もしくは @yoshiyoshifujii まで。
Scala関西 Summit 2018 のお申し込みは↓

タイムテーブル(予定)

※ 変更になる可能性がございます。

時間 内容 発表者
19:00 - 19:30 受付
19:30 - 19:40 オープニング
19:40 - 20:00 Scala製プロダクトのJavaバージョン戦略(仮題) @yoshiyoshifujii さん
20:00 - 20:20 マイクロサービスとsbt-native-packager S Shoji (s_edward) さん
20:20 - 20:40 休憩 (歓談タイム)
20:40 - 21:00 scalafmtかその他… nosato-hirotaka (nosato-hirotaka)
21:00 - 21:20 refinedで安全なコードを書く IshikawaYuki (IshikawaYuki)
21:20 - 21:30 クロージング (お片付け)

発表者募集

発表をして下さる方を募集します。
希望者はコメント欄、もしくは @yoshiyoshifujii までご連絡ください。
(管理上connpassに登壇者登録枠を用意していますが、お申込みの前にご連絡ください。)

Scalaに関することなら何でもOKです!

会場提供

エムオーテックス株式会社様
https://www.motex.co.jp/

セッション概要

Scala製プロダクトのJavaバージョン戦略(仮題)

登壇者

@yoshiyoshifujii

概要

2017年9月以降、6ヶ月ごとにフィーチャーリリースを行うというリリースモデルに変更されたJava。
JVM言語であるScalaも無関係ではいられない状況となっており、どのように対策をしていくのか、プロダクトの特性や戦略に合わせて検討と結論を出していくことが必要となっています。
戦略を検討するのに必要な情報を集めましたので、そのあたりをお話したいと思います。

マイクロサービスとsbt-native-packager

登壇者

@takesection

refinedで安全なコードを書く

登壇者

IshikawaYuki (IshikawaYuki)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。