PHPのフレームワークはLaravelがオススメ

プログラミング
プログラミング言語の学習初心者でも比較的にスキルの習得が容易と言われているPHPですが、今回はPHPという言語に加え、開発の現場で欠かすことのできないフレームワークというものの解説も一緒にしていきます。
PHPのフレームワークはLaravelがオススメ

単に言語スキルの習得では実際に開発を進めることは困難です。クライアントの課題を抽出し、その課題解決のためにプロダクトを開発する力や、開発のスピード感、また、フレームワークなどのツールを使う力も必要となってきます。今や、チームでの開発でフレームワークは欠かすことのできないツールです。このツールを駆使することが現代のエンジニアに求められるスキルの一つとなっています。

PHPとフレームワークの違い

初心者がプログラミングを学習する時には参考書や、検索エンジン、時にはスクールを活用したりするものです。しかし、独学でプログラミングの学習を進めた場合には、初期の段階でプログラミング言語とフレームワークの違いがなかなか理解できないものです。

ネット上には実はフレームワークが何かを初心者向けに解説してくれているサイトやブログは意外と少ないものです。今回のテーマの【PHP】とフレームワークの違いを端的に説明するのであれば、PHPはプログラミング言語で、フレームワークは文字通りこのPHPやそれ以外の見た目をデザインする、HTML・CSS・JavaScriptといった言語をアプリケーション作成の為にまとめて使える枠のようなものです。これからこのPHPとフレームワークについて、詳しく解説していきます。

PHPのフレームワークについて

PHPのフレームワークは実は一つだけではありません。様々なフレームワークが存在しますが、一般的に多くのユーザーに利用されているものでは、

  • Laravel(ララベル)
  • Codeigniter(コードイグナイター)
  • CakePHP(ケイクピーエイチピー)
  • Symfony(シンフォニー)
  • ZendFramework(ゼンドフレームワーク)
  • FuelPHP(フューエルピーエイチピー)

といったものがあります。

PHPとは

PHPとは数多あるプログラミング言語の中の一つで、主にwebアプリケーションを開発する際に利用されます。このPHPはJavaやC言語などの大規模開発言語に比べてコーディングが簡単で、初心者でも学習を始めやすい言語の一つです。

また世界的なシェアも高く、特に国内での案件のシェアはJavaに次いで2番目のシェアを誇っています。これから副業を始める方や転職を考えている方が始めるのにも非常にオススメの言語の一つになっています。

フレームワークを使うことで開発が楽になる

さて、フレームワークを使うことで実際に開発する際のメリットはどんなことがあるでしょうか。

■ アプリケーションを速くリリースできる

近年様々なアプリケーションが昔に比べて猛烈なスピードでリリースされています。このように製品を世の中にリリースするスピードが近年では重要です。フレームワークにはよく使う機能があらかじめ標準搭載されているため、開発のスピードがフレームワークを使わない時に比べ圧倒的に速くなります。

■ チームでの開発に向いている

フレームワークを使えばプログラムの書き方を統一することができます。フレームワーク内での開発はある適度コーディングの型が決まっているので、一つのアプリケーションを複数のプログラマーで開発することに向いています。

■ バグが発生する可能性が少ない

プログラムを書き間違う可能性が、フレームワークを使うと少なくなることや、あらゆるユーザーの利用の仕方を想定してフレームワークが作られているからです。

PHPのフレームワークはLaravelがおすすめ

先程も述べたようにフレームワークには様々な種類がありますが、圧倒的に『Laravel』がオススメです。その理由としては世界的な人気やソースコードの多さなどが挙げられます。

Laravelの人気が高い

Laravelは、フレームワークの中でも群を抜いてエンジニアから支持されています。GitHubのスター数を数えてみても、他のフレームワークの3〜7倍くらいはスター数があります。

Laravelを使ってこんなことができる

他のフレームワークと同様にLaravelではMVCモデルを採用しています。Mはモデル、Vはビュー、Cはコントローラーを意味します。

それぞれの役割を次に示します。

  • モデル:データベースからデータを抽出します。
  • ビュー:コントローラーで処理された情報を元に実画面に反映します。
  • コントローラー:ビューに反映する内容を処理します。

実際にLaravelというフレームワークを使って下記のような機能を実装することが可能です。

  • ユーザー登録機能
  • ログイン機能
  • フォーム送信機能
  • フォロー機能

上記以外にも様々な機能を実装することができます。

【参考】フレームワークを使うべき3つの理由

PHPと他の言語の比較

PHP以外の言語で有名なものでは、

  • Java
  • C言語
  • Ruby
  • Python

などがあります。

これらの言語に比べ、Webアプリケーション開発の場面で大きな役割を果たしています。JavaやC言語に比べれば同じ処理をするためのコーディングが簡単ですし、RubyやPythonとの比較では案件自体のシェアが多いです。つまり、PHPは実際の現場で果たす役割が非常に大きいということです。

PHPは他の言語に比べ習得が簡単

PHPは主要な言語ですから、参考書やネットでの解説も多く情報を手に入れることが比較的容易にできます。さらにほとんどのスクールでPHPを学習することができるので、学習のための環境は問題なく整備されていると言えます。また、PHP自体の学習難易度もそれほど高くはありません。比較的簡単にコーディングできるからです。

副業で人気のJavaとPHPの比較

先ほど述べたように国内でのプログラミング言語の需要はほとんどがJavaとPHPです。比率的にはJavaが6割、PHPが3割、その他の言語が1割といったところです。そしてJavaに比べPHPの方が圧倒的にコーディングが簡単なことと、1人で開発を完結できることが多いことから、PHPは副業で一番オススメの言語と言えるでしょう。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


おすすめのコラム