Plone Conference 2018 Tokyo 直前特別イベント

イベント内容

11月5日(月) 19:00 より、Plone Conferenceと同じ、大田区産業プラザ(PiO)にて、Plone Foundationのプレジデント及びメイン開発者2名によるミートアップイベントを開催します。

イベント概要

  • タイトル: Plone - 持続可能なオープンソースプロジェクトのあり方 / Guillotina - 次世代コンテンツマネージメントエンジンの紹介
  • 会場: 大田区産業プラザ(PiO) 1階 AB会議室 「京急蒲田駅から徒歩3分」
  • 会場住所: 東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ
  • 参加費: 無料
  • 開催時間: 19:00 - 21:00 (開場 18:30)
  • 言語: 講演は 英語 で行われます。 (同時通訳はありません)

タイムテーブル

時刻 内容
18:30 開場(AB会議室)
19:00 Opening / Manabu TERADA (@terapyon)
19:10 Session1: Plone - 持続可能なオープンソースプロジェクトのあり方 / Paul Roeland (@polyester)
19:55 休憩
20:05 Session2: Guillotina - 次世代コンテンツマネージメントエンジンの紹介 / Victor Fernandez de Alba (@sneridagh), Ramon Navarro Bosch (@bloodbare))
20:50 終了

講演内容

Opening (10分)

Ploneの概要とPlone Conferenceについて

Session 1 (30分 + 15分の質疑応答)

講演タイトル: Plone - 持続可能なオープンソースプロジェクトのあり方

(Plone - The principle of sustainable open source project by Paul Roeland (@polyester))

Paul

Plone Foundationは、グローバルに導入されているCMSフレームワーク「Plone」の普及・開発を支援することを目的に2004に設立された非営利組織です。このPlone Foundationの代表を5年にわたり務めている Paul Roeland氏が Plone Confereneに合わせて来日されます。オープンソースソフトウェアプロジェクトを支えるFoundation組織でのファイナンス、意思決定プロセスについて、さらには苦労した点などを話して頂く予定です。質疑応答時間を設けます。

  • Advantages of foundation supported project, compare to supported by commercial company or group of volunteer developers.
  • Importance of financial support for the open source project
  • How to keep the transparency of decision mankind process
  • How to solve and manage a conflict of interests
  • Other key issue of project sustainability

Session 2 (30分 + 15分の質疑応答)

講演タイトル: Guillotina - 次世代コンテンツマネージメントエンジンの紹介

(Guillotina - The next generation contents management engine by Victor Fernandez de Alba (@sneridagh), Ramon Navarro Bosch (@bloodbare))

Victor Ramon

Plone Foundationも注力し、高度なコンテンツ管理機能を備えるPloneの特徴を保ちながら非同期(async)に対応したサーバアプリケーション「Guillotina」についての講演を予定しています。Webシステムやモバイルアプリケーションのバックエンドのコンテンツ管理システムとして動作し、ヘッドレスCMSの中核的役割を担う最新技術となります。このGuillotinaの意義や開発状況についてのトークを準備しています。

  • What is Guillotina
  • Advantages of headless CMS for Plone
  • Guillotina development status and how Guillotina works
  • Tech stack of Guillotina
  • Case sutdy of Guillotina

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。