なぜ Microsoft SQL Server 2008 サポート終了で、ハイパーコンバージドなのか?(ノークリサーチ解説)

イベント内容

サーバーにコンピューティング機能とストレージ機能を統合したシンプルな構成の仮想化基盤として、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入が加速化してます。

2019年夏にMicrosoft SQL Server 2008サポート終了が近づくなか、データベースサーバーとしてHCIを利用する場合、特徴や適材適所はどこに存在するのかという、質問をいただくことが多くなっています。

本セミナーでは、基調講演として、IT市場専門調査会社である株式会社ノークリサーチのシニアアナリスト岩上 由高氏をお招きし、「なぜ、ハイパーコンバージドインフラに注目すべきなのか? ~Windows Server 2008サポート終了に伴う課題と対策を踏まえて~」と題して、HCI活用実態を紹介します。

さらに、業界随一のHCIポートフォリオを持つDell EMCが、同社のHCIソリューションの概要とメリットを、日本マイクロソフトからは、HCI ソリューションMicrosoft Storage Spaces Directの特徴とデータベースサーバーとして、Microsoft SQL Server 2017がなぜ最適なのというポイントを、そして、Dell EMC から、Microsoft SQL Serverに最適なHCIソリューション「Dell EMC Ready Solution for Microsoft SQL Server with S2D Ready Node」をご紹介します。

プログラム

14:00 - 14:30 受付

14:30 - 15:10 なぜ、ハイパーコンバージドインフラに注目すべきなのか? ~Windows Server 2008サポート終了に伴う課題と対策を踏まえて~

株式会社ノークリサーチ シニアアナリスト 岩上 由高 氏

15:10 - 15:40 Dell EMCのHCIポートフォリオのご紹介

Dell EMC インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括
ソリューション本部 ビジネス開発マネージャ 小野 誠

15:40 - 15:50 休憩

15:50 - 16:40 なぜHCIでデータベースサーバーとして Windows Server 2016 Datacenterおよび Storage Spaces Direct が最適なのか?

日本マイクロソフト株式会社

16:40 - 17:20 HCI上での導入が進むMicrosoft SQL Serverに最適な Dell EMC Ready Solutions for Microsoft SQL Server with S2D Ready Nodeのご紹介

Dell EMC インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括
ソリューション本部 津村 賢哉

17:20 - 17:35 mPLATで実現するマルチクラウド運用 -S2Dを含むマルチクラウド運用の在り姿とは

株式会社野村総合研究所
クラウドサービス本部クラウド運用ソリューション事業部
上級テクニカルエンジニア 鳥谷部 昭寛 氏

17:35 - 17:45 Q&A

主催

Dell EMC

協賛

日本マイクロソフト株式会社

協力

オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント