第3回オープンイノベーションセミナー「DX推進に役立つデザイン思考」

参加枠申込形式参加費 参加者
セミナー受講
先着順 無料 0人 / 定員60人

イベント内容



企業間の繋がり強化・共創を活性化する オープンイノベーションセミナー 第3弾。


先端技術を活用した概念検証(PoC)に着手した組織が次のステージに進むためにはどうすればいい?

本セミナーでは、米国ベイエリアの最新動向を踏まえ「デザイン思考」を中心に最先端の取り組みとその考え方を紹介します。



 昨今、人工知能や業務自動化などを駆使したデータ活用技術が高度化し、既存産業の仕組みを大きく変革する新たなビジネスの芽が出つつあります。一部では、個別企業の枠を越えて、各領域が業界横断的につながり合い、バリューチェーン全体に価値をもたらす新しいサービスが次々と生み出させる環境が整ってきました。既成概念を超えた製品・サービスが次々と生み出される市場環境の変化に対応するため、IT企業に限らず多くの企業で「デジタル・トランスフォーメーション」を旗印にビジネス活動のデジタル化を加速させています。

ところが、AI・RPA・IoTといった流行語に飛びつき概念検証(PoC)をはじめたものの、局所最適化にとどまり、「さあこれから本格導入」という段階で躓いてしまう現象が散見されます。小さくはじめたPoCで手応えを感じた組織が、次のステージに進むためには、いったいどうすればいいのでしょうか。そもそも、自社のPoCは、勝率が低すぎるのでしょうか? あるいは、ベンダー提案によるPoCの質が悪すぎるのでしょうか? いずれにせよ、「デジタル○○」を耳にした途端、眉をしかめる業務担当部門の担当者の顔が目に浮かびます。

そこで、本セミナーでは、クレスコグループに蓄積されたDX推進ノウハウ知見の一部を無償公開して、市場全体のさらなる活性化に貢献します。さらに、定期開催されるクレスコ主催のセミナー全体を通して、同業他社や異業種企業を巻き込んだオープンイノベーションを推進することで、業界横断的なソリューションの共創に取り組んでまいります。




テーマ:DX推進に役立つデザイン思考

場所:株式会社クレスコ品川本社 品川インターシティ27階フューチャーセンター

日時:2018年12月12日(水) 18:30-20:30 (開場18:15)

主催:株式会社クレスコ、クレスコ・イー・ソリューション株式会社

定員:60人


▼ お申込みはこちら ▼

 申し込みフォーム(外部サイト)


・当日のプログラム(予定)

18:15 –18:30 受付

18:30 –18:40 開会の挨拶

18:40 –19:10 講演1「米国ベイエリアのDX最新動向2018冬」

19:10 –20:00 講演2「DX推進の突破口となるデザイン思考の活用法」

20:00 –20:20 講演3「人間中心デザイン - HCDのキホン」

20:20 –20:30 質疑応答とアンケート記入


 ・講演者プロフィール(1)

クレスコ・イー・ソリューション 株式会社 取締役 遠藤 章浩氏

 2001年クレスコ・イー・ソリューション株式会社入社後、ビジネスソフトウェア(SAP)のコンサルタント、営業、プロジェクトマネージャを約17年間経験。営業、プリセールス、導入~保守運用フェーズまで幅広く経験。製紙、運輸、建設資材メーカなど様々な業界を担当。2015年6月から取締役本部長として、コンサルタント部門の責任者として全体を統括。2018年4月ヒューマンセントリックデザインセンター(HCD)を立ち上げ、センター長として「人間」を中心とした事業展開を行う。HCDは日本とアメリカシリコンバレーに拠点を設け、自らシリコンバレーへ赴き、先進的IT、デザイン思考を体感、調査し、良きものを日本企業へ展開すべき支援に注力をする。


・講演者プロフィール(2)

クレスコ・イー・ソリューション 株式会社 今村 雄人氏

2010年クレスコ・イー・ソリューション株式会社入社後、ERPパッケージ(SAP)のアドオン開発に5年間従事。京都情報大学院大学にて外部講師としてERP開発の講義を担当。その後、SAPにおける販売管理システム、UI/UXのコンサルタント、プリセールスを経て、2018年4月よりヒューマンセントリックデザインセンター(HCD)に立ち上げメンバーとして参画。主にデザイン思考を中心に据えたサービスメニューの開発を担当。現在はセミナーやワークショップ開催を通じ、デザイン思考の教育・普及活動にも力を入れている。


・講演者プロフィール(3)

株式会社クレスコ 鈴村 昌司氏

HCD-Net認定人間中心設計専門家。UXデザイン、ユーザーの使い勝手を重視したUI設計、開発、コンサルティング。モノを売る営業ではなく、上流工程で培ったヒアリング能力などを活かし、お客さまと一緒に考えて作り上げる営業を実践。分かりにくい物事を、噛み砕いて人に説明することを得意とし、このスキルをシステム開発の場面では「ユーザビリティの向上」にも応用して役立てている。業種を問わないロゴのデザインや各種資料作成などでも才能を発揮している。


▼ お申込みはこちら ▼

 申し込みフォーム(外部サイト)



本イベントは終了しました