Nodeから手が出るNode-RED

イベント内容

【概要】

Node-REDはブラウザ上で操作できるビジュアル開発ツールです。 ノードと呼ばれる部品をつなぎ合わせて実装を行い、それらをフローと呼びます。 操作は直感的でプログラミング入門者にも優しく、実装したフローは可視化されるのでソースコードに比べて処理の流れを把握しやすくなります。 そんなNode-REDを"初めて触る"人向けにHands-onを行います。

Hands-onではまず、Node-REDをインストールすると標準で使うことができるノードをいくつか説明します。 その後、カスタムノードと呼ばれる標準でインストールされないノードを紹介します。 また、途中でいくつかの課題に皆さんと一緒に取り組みたいと思います。 その後、フローをきれいに保つためのコツを説明し、最後にNode-REDの最近のバージョンで取り入れられた機能を紹介いたします。

Hands-onのあと、質疑応答とディスカッションを行います。

【準備】

Hnad-onを受けるには以下のものをインストールしたPC(無線LAN利用可能なこと)を持参してください。

  • Node.js
     LTSバージョン(2018/10/10現在 v8.12.0)
  • Node-RED
     0.19.x(2018/10/10現在 v0.19.4)

【インストール手順】

※Node、npmのスキルのある方はお好きな方法(nodistなど)でインストールして頂いてOKです。

1. Node.jsのインストール

  • ブラウザでNode.jsの公式サイトを開くhttps://nodejs.org/ja/
  • 「v8.12.0LTS」をクリックし、インストーラをダウンロードする(2018/10/10現在)
  • ダウンロードしたインストーラを実行しNode.jsをインストールする(設定はデフォルトでOK)

2.Node.jsのインストールの確認

  • コマンドプロンプトを開き“node –v”とコマンドを実行
  • 「v8.12.0」と表示されればOK

3.npmのインストールの確認

  • コマンドプロンプトを開き”npm –v”とコマンドを実行
  • 「5.6.0」と表示されればOK

4.Node-REDのインストール

  • コマンドプロンプトを「管理者として実行」で開く
  • コマンド
     npm install -g --unsafe-perm node-red
    を実行

5.Node-REDのインストールの確認

  • コマンドプロンプトを開き“node-red” とコマンドを実行
  • ブラウザで
     http://localhost:1880
    にアクセスしフローエディタが表示されればOK

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

Nagano.rb #4 in Ueda

上田市中央2-5-10 (丸陽ビル1階) まちなかキャンパスうえだ

13:30 〜17:00

connpass

12月 21 SAT