【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【資料プレゼント】

イベント内容

イベント概要

当日の流れはコチラ

IBM Watson (AI) の Watson Assistant (旧称 Conversation) とLINEを連携させ、カスタマーサポートサービスのような
問い合わせを処理する会話アシスタント機能を持ったbotを作成します

例えば、服の色やサイズ、生地、好きなデザインなどをWatsonがユーザーとコミュニケーションを取りながらオススメをしてくれるような接客AIのようなものを作ることができるようになります

FAQやカスタマーサポートをWatsonに担わせることもできるようになります

このイベントで学べること

  • IBMクラウドの Watson Assistant をカスタマイズし、特定の業務フローを行えるようにトレーニングさせる方法を学べます
  • 顧客とWatsonのインターフェースとして、LINEを使うことが可能なように環境設定ができるようになります
  • Node-Redのプログラミングの基礎を習得できます

※必要に応じて講師がサポートしますので、問題が発生してもその場で解消することが可能です
※IBMのアカウント作成に問題が発生することがあります、万が一問題が発生して最後まで設定が完了しない場合、別の日程の講習に無料で参加が可能です

事前準備のお願い

下記のアカウントの取得を済ませておくと、当日大変スムーズです。
ご協力おねがしいます!!

設備

会場に電源、wifiがあります。
ノートPCは持ち込みになりますので、電源と一緒に持参してください。

対象

  • 大学生、社会人の方でプログラミングに興味のある方、勉強中の方
  • 基本的なPC操作ができる方
  • ノートPCの持ち込みができる方
  • Watsonに興味のある方、LINE botに興味のある方
  • ビジネスにWatsonの人工知能を活用したい方
  • 企業のIoTを推進する部署の担当者の方

持ち物

  • ノートPC (必要な人はアダプターも一緒に)
  • LINEのアカウント (LINEのAPIを使用するために必要になります)
  • LINEアプリが入ったスマートフォン

主催者

株式会社X-HACK (https://x-hack.jp)

お問い合わせ

smatsuda@x-hack.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。