【3日間で起業体験】Startup Weekend Yokohama 10 IoT (20190531-0602)

イベント内容

SWYで初となるテーマありの開催です

第10回となる今回のStartup Weekend Yokohamaでは、「IoT (Internet of Things)」をテーマとして開催します。IoTに関連することならどんな起業アイデアでもOKです!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【Startup Weekendについて】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆スタートアップウィークエンドってなに?

スタートアップウィークエンドとは、新しい「何か」を創り出すだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。
スキルがあってもなくても、年齢国籍不問で誰でも参加できます。
気軽に参加できて、学びもたくさんあって、熱気に包まれています。

スタートアップウィークエンドは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。参加者は初日に「ハッカー」「ハスラー」「デザイナー」の中から役割を選択しますが、役割に縛られる事なく3日間を通し共に顧客開発に臨みます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【Yokohamaに関わりのある人しか参加出来ないの?】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
本イベントの開催場所は横浜ですが、横浜在住でなくても参加する事が出来ます。
横浜以外のSWに参加予定、あるいは参加した事のある方も大歓迎です!
また、初日の1分間ピッチについても、IoTに関する内容であれば横浜とは関係なくても大丈夫です!

開催スケジュール

※帰宅(解散)時間は多少前後する場合がございます。

Day1 5/31 (Fri) Day2 6/1 (Sat) Day3 6/2 (Sun)
18:30 開場 ビールとピザを摘まんで交流! 09:00 オープン チーム作業の開始! 09:00 オープン いよいよ三日目の朝!
19:00 イベントスタート ファシリテーションスタートです 12:00 昼食 お昼を食べつつ、コーチングに向けて準備! 12:00 昼食 プレゼン迄あと5時間!
19:30 ハーフベイクド 交流しながらアイデア出しの練習! 14:00 コーチング開始 コーチの方々にお話を聞ける時間です 15:00 テックチェック プレゼンに向けての機器テストです
20:00 1分間ピッチ 希望者によるアイデアピッチ。制限時間は1分間! 16:00 コーチング終了 参考になる話が聞けたかな? 17:00 プレゼンスタート いよいよ最終プレゼンです!
20:30 チームビルド アイデアを共に創るメンバーを探そう! 19:00 夕食 他のチームの人とも話してみよう! 19:00 アフターパーティ 最終日、会場にいる全員と交流出来る機会です!
21:30 帰宅 MTGは会場の外やWebで行いましょう 21:00 帰宅 会場外で集まるも、帰って睡眠を取るも自由です! 21:00 解散 三日間お疲れ様でした!

※最終日プレゼン見学&パーティー参加チケットの方は16:30〜16:45頃に会場にお越しください(昼食は出ません)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SWYプレイベントについて
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【準備中】第1弾開催
プレイベント第1弾としてMESHなどを利用した初心者向けワークショップを開催します!
4月21日(日) 、岩崎学園にて。
http://meshprj.com/
詳細は随時更新していきますので、お待ち下さい!

【準備中】第2弾開催
5月中旬、obnizなどを利用した中級者向けワークショップを開催します!
https://obniz.io/
詳細は随時更新していきますので、お待ち下さい!


大切なのは、この3日間でイベントが終わるだけではなく、始まりだということです。是非、それを体感してください!
忘れられない3日間となるでしょう。しかし、どんな3日間にするかはあなた次第。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!

FAQ (よくあるご質問) について

お申込に際して、よくある質問をまとめました。
こちら をご覧ください。

【キャンセル・ポリシー】

SWY参加チケットのキャンセルは2019年5月24日(金) 23:55までにご連絡いただければ決済システム手数料を除いた全額を返金いたします。それ以降は食事の支払いの関係で返金はいたしかねますので予めご了承ください。

【スポンサー様のご紹介】 

SW横浜開催にあたり、以下のスポンサー様から手厚いご支援をいただいております。
厚く御礼申し上げます。

・会場スポンサー
学校法人 岩崎学園情報科学専門学校 様
iwasaki

・スポンサー
《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様
Yayoi-kk

《機材・部材提供スポンサー》学校法人 岩崎学園情報科学専門学校 様
iwasaki

【コーチ(メンター)紹介】

決まり次第随時更新いたします。

【審査員(ジャッジ)紹介】

決まり次第随時更新いたします。

【ファシリテーター紹介】

今村 鮎子
ayu
2015年、情報科学専門学校在学中にSWを知り、”就活のネタ作りに”とSW横浜3に初参加。自分に出来る事の少なさ、チームの力になれない悔しさを感じ、半年後のSW横浜4にも参加。2回の参加を経て、”運営側からSWを見てみたい”と思い、翌年社会人になると同時にオーガナイザーになる。
 横浜をはじめ、東京でのイベント開催にも関わるようになり、仕事の傍ら数々のSW運営に参画。また、開催中の3日間はフォトグラファーとしても活動。オーガナイザーをしていく中で”SWとは何か”、”自分がSWで出来る事は何か”を考えたのがキッカケでSW公認研修を経て、2017年にファシリテーターになる。

【オーガナイザー紹介】

三浦 信二
miura-san
横浜に初参加。それ以来横浜、東京、海外などでオーガナイザー&参加多数。
旅するフリーランスエンジニア。旅するノマドワーカーコミュニティNomadineersを共同で立ち上げる。普段はフリーランスチームでお仕事したり個人開発をしつつ、国内・海外をぶらぶら旅をしながら日銭を稼いでいる。技術領域はフロントエンドからサーバーサイド、インフラ、データベースまで一通り。
全世界で成功しているSWというイベントのフレームワークに魅了され、参加者からオーガナイザーへ。

成松 美菜
narimatsu-san
2014年に第2回 Startup Weekend Yokohamaに参加。そこから2か月の語学留学を経て、5年半勤めていたネット広告代理店を辞め、転職を2回経て今に至る。
自分の人生の転機のひとつになった「留学」の口コミサイトを運営するスクールウィズで働きつつ、Startup Weekendで知り合った山口豪志さんとプロジェクトベースで「事業スタートカンファレンス」を運営し、8ヶ月で47都道府県すべてを周る起業家支援イベントを開催。2018年9月よりプロトスター株式会社へジョイン!やりたいことに全部手を出す働き方を模索している。
口癖は「いい感じで!」

飯島 聡美
satomi
茨城大学卒業後、社会人経験を積む中でStartup Weekendへ参加。起業体験・新規事業創出に魅了され、オーガナイザーを志願。様々なStartupWeekendの運営に携わる中で責任者を務める決意をし、横浜ではリードオーガナイザーとしてスタートアップコミュニティの発展に寄与。現在はメーカーにて勤務しつつモノづくりの魅力を広めるべく鋭意活動中。

わみ
wami-san
1996年生まれ。学生の頃にSWに初参加。
個人プロダクトの「Nefry」というIoTデバイスの開発・販売やロボットの開発を行う。
本イベントが初オーガナイザーとしての活動。今までの経験を生かしたサポートをいたします。

その他のオーガナイザー

本イベントをオーガナイズするメンバーです。当日にお困りごとがあればお声がけください。

豊森 弘和

【イベント参加に関して補足&サポート】

本イベントは、横浜以外に在住の方や、横浜以外のStartup Weekendに参加予定、参加したことのある、そんな皆様も大歓迎です!
ほかなんでも、ご質問やご相談など、何かあればこちらのフォームから、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

機材・部材サポート

会場にて皆様がIoTに取り組めるよう様々な環境をご用意いたします。
もちろん、ご自身で必要なものを会場に持ち込んでいただいても問題ございません。

部材の提供、レンタル

Raspberry Pi 3 (岩崎学園様より) 30台
https://www.switch-science.com/catalog/3050/

ESP32 DevKit C (Arduino) (岩崎学園様より) 50台
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11819/

obniz (岩崎学園様より) 6台
https://obniz.io/

JINS MEME (岩崎学園様より) 5台
https://jins-meme.com/

LINE Beacon (岩崎学園様より) 2個
https://beacon.theshop.jp/items/6617930

HTC Vive (岩崎学園様より) 1台
https://www.vive.com/jp/

Hololens (岩崎学園様より) 1台
https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens

Google Home (岩崎学園様より) 8代
https://store.google.com/jp/product/google_home

Amazon Echo Spot (岩崎学園様より) 1台
https://www.businessinsider.jp/post-169816

NFCタグリーダ/ライタ (岩崎学園様より) 2セット
https://www.sony.co.jp/Products/felica/business/products/RC-S380.html

この他にも多数の機器をご用意しております。


申込と参加にあたっての決まり

・参加申込は、原則として本人名義のDoorkeeperアカウントによるもののみを受け付けます。
・なんらかの事情で本人名義のアカウントが作れない場合は、運営まで フォーム から、事前にご相談お送りください。
・申込、ないし事前相談のないままに来場された場合は、参加をお断りいたしますのでご了承ください。

イベント申込に際しての注意/お願い事項

・登壇者、他の参加者やオーガナイザーへの過度の営業や望まれないリクルーティングなどは固くお断りします。
 皆様が気持ちのよく過ごせるイベントとなりますよう、ご協力のほどよろしくお願い致します。
・イベントの様子はスタッフにて写真撮影させていただきます。
撮影した写真はNPO法人のウェブサイトや、Facebook等に掲載する可能性があります。
 顔のわかる写真をウェブで公開されることがNGの場合は、お手数ですが受付にてイベント開始前に申告いただけますようお願いします。

・食品アレルギーなどをお持ちの場合、事前にお知らせいただければ提供する食事を調整できる場合があります。該当する方は、 問い合わせからお知らせください。ただし、対応できることを約束するものではありません。ご了承ください。

キャンセル・ポリシー

・ページ上部記載の期日までにフォームからご連絡いただけた場合には手数料を除いて返金いたします。
 それ以後のお申し出、ならび無断キャンセルは返金いたしかねます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント