Oracle Groundbreakers Japan Tour in Nagoya

イベント内容

Oracle Groundbreakers Japan Tour in Nagoya

今年は5人がバイクで日本中を駆け巡る! Java Technology and Motorcycle Tour!

セミナー概要

今年も Oracle Groundbreakers Japan Tour in Nagoya を開催します!

今年は5人のスピーカーがバイクで日本全国10箇所を巡ってセミナーを開催します。

ドイツの Java Champion Sebastian Daschner と Oracle Corporation の Stephen Chin のおなじみの2名に加えて、米国から Gerald Venzl (Oracle Corporation Oracle DBチーム)と Nikhil Nanivadekar (Eclipse Collectionsリーダー) 、スエーデンから Mattias Karlsson (JFokusリーダー)の3名が新たに加わります。

3人のJava Championとオラクル本社のエキスパートがJava、Database、Microservices、クラウドなど様々なテクノロジーの最新トレンドを語ります。

英語はちょっと苦手だけど、最新のJavaやITトレンドについて聞きたい!という方、海外の技術トレンドに触れてみたいという方、貴重な機会ですのでぜひご参加ください!

日時・場所

  • 5月20日(月) 19:00-21:00(開場:18:30)
  • 日本オラクル(株) 中日本支社

講師紹介

Sebastian Daschner(セバスチャン・ダシュナー)

ドイツのJava Champion。専門分野はMicroservices、Container Native、Jakarta EE。

Stephen Chin(スティーブン・チン)

米国オラクルでDeveloper Programを企画運営するディレクター。専門分野はクライアント、組み込みJava。

Gerald Venzl(ジェラルド・ベンジル)

米国オラクルのOracle DB PMチームに所属。広範囲にわたるデータベースアプリケーション開発に関する情報発信を行う。

Nikhil Nanivadekar(ニキール・ナニバデカ)

Eclipse Foundationのプロジェクト、Eclipse Collectionsのプロジェクトリーダー。米国在住のJava Champion。

  • @NikhilNanivade

Mattias Karlsson(マティアス・カールソン)

スエーデンのJavaコミュニティカンファレンス"JFokus"のオーガナイザー。JUGリーダーでありJava Champion。

  • @matkar

アジェンダ・当日のスケジュール

期日&時間 予定
5/20(mon) 18:30 開場
19:00 オープニング:NJUG
19:05-19:35 Session 1
セッションタイトル:Getting Started with Kafka
講師:
Nikhil Nanivadekar, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
講演概要:
Apache Kafkaは数年前からストリーミング・プラットフォームを牽引する製品と言われています。その特長は高い万能性にあります。このセッションではApache KafkaにおけるPublisher、Subscriber、Stream、Connectの基本コンセプトを解説します。デモンストレーションでは、データセンターとアプリケーションサーバをエミュレートするラズパイを使用してPublisherとSubscriberの参照実装を生成します。この参照実装ではPublisherとSubscriberのそれぞれのAPIをデモします。
19:35-20:05 Panel Discussion 1
セッションタイトル:
「今、世界のJavaエンジニアが注目していること、そしてこれからの注目トレンド」
パネラー:
Erno Venalainen, Cloud Architect, Oracle Corporation
Mattias Karlsson, Java Champion and Founder of JFolkus
Ixchel Ruiz, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
パネルテーマ:
今、世界のJavaエンジニアはどんなテクノロジーや技術トレンドに注目しているのでしょう?日本にいるとなかなか知ることができない、世界のシステム開発の現場のエンジニアがどんなことに興味を持っているのかについて、3人のグローバルレベルで活躍するパネラーに語っていただきます。MattiasはスエーデンのJava Championであり世界最大規模のJavaコミュニティ「JFolkus」の発起人でありリーダー、Ernoはフィンランド在住でオラクルのIoTやクラウドを顧客に提案するエンジニア、Ixchelはスイスを拠点に全世界で様々な講演を行うJava Championです。3人の異なる視点からの、「世界のJavaエンジニアのいまどき」さらには、これからの注目トレンドについて聞いてみましょう!
20:05-20:10 休憩
20:10-20:40 Session 2
セッションタイトル:
より生産性高い開発プロセスを目指して
講師:
Sebastian Daschner, Java Champion
講演概要:
我々開発者はコードを書くことや問題解決のための議論を好みます。しかし、作法が固定されたような、あるいは繰り返しのタスク、特に非常に時間のかかるリコンパイルやビルド、テストなどはとても嫌います。我々の日々の作業は多くの小さな「生産性を落とす」障壁となる要素によってあまり楽しくないものになっています。どうすればコーディングの楽しい面をもっとエンジョイできるようになるでしょう?このセッションは開発ワークフローにおいて高い生産性を実現するアプローチと技術を紹介します。ビルドツール、IDE、テストのベストプラクティスなどが含まれます。またセッションはいくつかのデモンストレーションを実行しながら進めていきます。
20:40-21:10 Panel Discussion 2
セッションタイトル:
「成功するJavaユーザグループの作り方」
パネラー:
Gerald Venzl, Master Product Manager, Oracle Corporation
Andres Almiray, Java Champion, Oracle Groundbreaker Ambassador
Kirk Pepperdine, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
Fernando Babadopulos, Java Champion and Co-Founder at tail.digital
パネルテーマ:
現在全世界で300を超えるJavaユーザグループが活動しています。世界には大小様々なJavaコミュニティが活動していますが、長期にわたってコンスタントに活動し、成果をあげ続けるにはどうしたら良いのでしょうか。このセッションでは、パネラーがどうやってその土地のコミュニティメンバーを獲得し、定常的に数十人、数百人が参加する活動するに至ったかを聞いていきます。世界各地でどんなコミュニティ活動が行われているのかを直接聞くことができる貴重な機会です!
21:10 終了・クロージング:NJUG

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。