MariaDB Meetup Vol.4 BI/IoTのビッグデータ高速処理をOSS DBで実現

イベント内容

MariaDB Meetup 2019の第4弾が開催!

ビッグデータの分析・活用は、今後のビジネス成長に欠かせないものとなっており、 各企業におけるBI/DWHの導入も急速に進んでいます。

一方で、ビッグデータ分析において検討すべきは、BIツールの選定、UI、分析方法だけではなく、 データベース、データ管理にこそ多くの課題が潜んでいます。

  • 日々増大するデータをどのように蓄積、管理するのか?
  • 大量のデータ処理を高速に、且つ、安定的に処理を行うことができるのか?
  • 本番システムで稼働させているOLTPシステムとデータの互換性が持てるのか?
  • データ量の増加や将来のサーバ拡張にも柔軟に対応できるのか?

だからこそ今、OSSデータベースで商用DWHと同等の高い検索パフォーマンスを実現できる DWH用データベース 「MariaDB ColumnStore」 が注目されています。

MariaDB ColumnStore とは?

MariaDB ColumnStoreは大規模並列分散データ環境での処理が可能な次世代カラム型ストレージエンジンです。 MariaDB/MySQLとの互換性を持ちながら、それらの「行指向データベース」が苦手とする カラムデータ分析/集計に特化した「列指向データベース」です。

MariaDB ColumnStoreの特徴

  • ペタバイトのデータを処理できるように設計
  • リニアにスケールアウトが可能
  • 分析クエリーのリアルタイム処理に優れた性能を発揮

本セミナーではエンタープライズ向けに強化されリリースされた「MariaDB Enterprise Server 10.4」と DBプロキシとして様々な機能を持つ「MaxScale」、「MariaDB ColumnStore」の特徴と性能メリット Tableauと連携させた国内ユーザ事例などをご紹介します。

プログラム内容

  • ご挨拶 (15:30-15:40)

  • エンタープライズ版MariaDBとDBプロキシMaxScaleのご紹介 (15:40-16:20)

  • MariaDB ColumnStoreの特徴とメリット (16:20-16:50)

  • 休憩

  • MariaDBサブスクリプションとライセンス体系について (17:00-17:15)

  • ユーザ事例紹介 (17:15-17:55)

  • 質疑応答

概要

  • 日時   2019年8月1日(木) 15:30~18:00(15:00開場)
  • 費用   無料
  • 持ち物  受付時名刺を1枚頂戴いたします

その他・注意点

  • 講師やセッション内容は予告無く変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください
  • ご登録いただいた個人情報は、株式会社スマートスタイル、および、講演各社、協力各社の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、情報交換のほかサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただくことがあります。
  • SIer様、同業他社様、および 個人、個人事業主の方からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント