LEGO® SERIOUS PLAY® materials and methodology でチームのことを語ってみる体験をしよう【抽選制】

イベント内容

重要:会場に関する注意

当日は土曜日のため、オフィスビル(ブリーゼタワー)1階は入れません。
隣接するブリーゼブリーゼの地下1階を出たところにコンビニの「セブンイレブン」があります。
その前に12:25〜12:55の間にお越しください。
ワークショップのため極力時間どおりお越しいただくようお願いします。

チームメンバひとりひとりの想いを引き出し、創造的なチームを形作る、そんな方法を体験してみませんか?

変化する複雑な状況の中、曖昧な問いと向き合い、普段なら言葉にしにくい想いや考えを、LEGO®の力を借りながらチームで共有し、協働的チームのあり方をチーム全体で探求していきます。

本ワークショップは、言葉にならない思いを形にしながら語り合う、LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用したワークショップです。

このワークショップについて

チームのアイデンティティを参加者自身の作品と言葉によって語り合うワークになります。 

LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドにおける4つのコアプロセスを通じて、新しい気づきの発見、意味を語ることの意味、見方を変えると解釈が変わる、といったことを実際に体験していきます。

unsplash-logoCaleb Woods

こんな方はぜひお越しください

  • チームに興味があるエンジニア、デザイナー、QA、プロダクトオーナー、ビジネスオーナー、バックオフィス、HRなどチームを構成するすべてのメンバ
  • 自律したチーム作りに挑戦してる人
  • ひとりひとりが当事者として振る舞える組織づくりに挑戦している人

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

当日お話するかもしれない関連キーワード

  • 協調、協働、創発、自律的組織
  • 多様性、ダイバーシティ
  • チーミング、チームビルド、チームメイク
  • Management 3.0

LEGO® SERIOUS PLAY®について

LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドはLEGO®ブロックを活用したファシリテーションテクニック、メソッドの一つです。
http://www.seriousplay.jp/seriousplay/
 
「答えが明確な問い」ではなく、「答えが複数ありえうる、曖昧な問い」で効果的です。
「過去を分析する」ではなく、「未来を問いかける」領域では特に有効です。
 
あくまでも道具なので戦略策定の領域から新規事業の創発、チームビルディングといった幅広い領域で活用が可能です。
*LEGO® SERIOUS PLAY®という名称、ロゴ、ブランドはレゴグループの保有するものです。

注意事項

定員:8名
最小催行人数は4名です。最小催行人数に満たない場合は、開催を取りやめる場合があります。

ファシリテーター

  • 名前: Aki
  • ロール: Catalyst
  • バックグラウンド:
    • LEGO® SERIOUS PLAY® メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ
    • CSP®-SM, CSP®-PO (Certified Scrum Professional®)
    • Management 3.0 認定ファシリテーター
  • コメント: プロダクトやチームをより良くするために何でもやってます。

今回のテーマの対象領域

チームビルディング

受付開始

12時半からです。

スタッフ

中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

DevKan



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント