Scaled Agile with Jim Coplien

イベント内容

日本語版

Overview

TACOのみんなさん、

こんにちは、

James CoplienさんがGuest SpeakerとしてTACOに参加します!(今年2回目です!)

今回は”Scale Agile”についてお話いただきます。スケール・フリーなネットワークとしてチームを組織する方法、そしてスケール・フリーな観点で自己組織化する方法について学びましょう。

James Coplienさんはスケーリングが数学的にどのような意味を持つかという説明と、Scrum Teamが形式ばらずに実践しているScrum of Scrums、Birds of a Feather,などの例を紹介します

また、議論は皆さんも耳にしたことがあるであろうLeSS, Scrum@Scale, SAFeといったスケーリングのパターンに及ぶかもしれません。

このイベントは英語で行われますが、簡単な同時通訳をする予定です。ただし、日本語のネイティブスピーカーではないので、議論の際は翻訳にご協力いただければと思います。

タイムテーブル

12/04(水) 19:00 - 21:00 です。

時間 内容 登壇者
19:00 受付開始
19:15 始まりの挨拶 TACO
19:20 Scaled Agile by James Coplien James Coplien
20:20 Q&A James Coplien, TACO
20:40 Networking
21:00 撤収

English

Overview

Hello TACO,

This time, we have the pleasure to welcome James Coplien a second time for a special TACO session.

This session topic will be around Scaled Agile: learn how you can scale a team by building it as a scale-free network, and by letting it self-organize into aspects of scale-freeness.

James will define what that means mathematically and show some examples that Scrum people have already been doing informally, such as Scrum of Scrums (done correctly), Birds of a Feather, and others.

This will lead into a discussion around some of the Scaling patterns you might have heard about such as LeSS, Scrum@Scale or SAFe

This session will be done in English but we will provide a basic Japanese real-time translation in Japanese. However, as this will be done by a non-Japanese speaker, if anyone could help us for translating James Coplien's discussion we would be extremely happy ! Thank you in advance!

Time Table

The event will be on 12/04 19:00 - 21:00

Time Content Speaker
19:00 Welcome
19:15 Introduction TACO
19:20 Scaled Agile by James Coplien James Coplien
20:20 Q&A James Coplien, TACO
20:40 Networking
21:00 End of event

Special Thanks

Spaces. for providing us with the brand new venue! https://www.spacesworks.com/ja/tokyo/shinagawa/

Picture source: Copyright: https://www.crainscleveland.com/custom-content-oec-tech-matters/grander-scale-factors-consider-when-scaling-agile)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント