Scala勉強会 in 会津大UBIC #20

イベント内容

勉強会内容

ドワンゴの研修用テキストやコップ本を読み進めます(Akkaバイブルも読みたいですね)。という流れで最終的にはScalaでWebアプリケーションを作ったりサーバを作れるようになりましょう!

前回の内容

ScalaでScalatraを使ってのアプリケーション作成。

関数型言語や設計の話など。

今回の内容

  1. Eitherについて。

  2. Scalaの軽量フレームワークScalatraを使って、小規模アプリケーションを作成していきたいと思います。 アプリケーション作成時に、Scalaの特徴でもある 設計のしやすさ についても一緒に学べるといいですね。

参考文献

勉強会の目的

なぜ今Scalaを学ぶのか

  • Scalaが先進的な考え方を取り入れている(関数型言語・オブジェクト指向・静的型付け)言語である
  • 文法や考え方がシンプルである
  • 実際にScalaを導入して成功した企業がある(Twitter、ドワンゴ、チャットワーク)
  • IDEがかっこいい
  • Akkaが素晴らしい
  • コーディングが楽しくなる

なぜ勉強会を開くのか

  • Scalaを使っている人が周りに少ない
  • 今使っている言語に窮屈さを感じている
  • Scalaが好きな人たちと一緒に勉強したい
  • もっと先進的な言語を学んでいる人たちに会いたい

という方々にScalaという接点で繋がりを持ってもらい、自分たちのモチベーションを高めScalaを楽しみながら最短で習得し、参加者全員でScalaを世に広めていくことが目的です。

アクセス

会津大学 産業イノベーションセンターUBIC

UBICの建物は17:00以降は内側からしかドアが開かないなので、連絡いただければ内側から開けます。

連絡先

Twitter: @_takechan_hs

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。