【大阪】Mixed Reality Toolkit V2 ハンズオン(基礎編) 2020/2/1

イベント内容

概要

最近VRデバイスの普及に伴いXR技術を使ったコンテンツも続々登場しており、
体験会等でXRデバイス体験されたり、「言葉は聞いた事あるんだけど~」という方もいらっしゃるかと思います。
そのような状況の中「自分も開発してみたい!」「ハッカソンで楽しみたい!」と思っている方向けにイベントを開催します!

本イベントはXR技術について以下のコンテンツによりUnityとVisual Studioを使った
HoloLens/Windows Mixed Reality Deviceの以下の機能ついての開発方法についての理解を深めることができます。

  • UnityとVisual Studioを使ったMRコンテンツ開発
  • XRデバイス開発経験者との相談会

本イベントと通じてXRコンテンツの開発について理解を深めていただければと思います。

当日はHoloLens/HoloLens 2がない方でも参加OK!
ハンズオン参加にあたっては当日までに環境準備を必ず実施してください!

参加するメリット

  • Unityを触り始めて間もない初心者の方も、 HoloLensでの開発の流れを知ることができます!
  • HoloLens/Windows Mixed Reality Deviceの以下の機能ついての開発方法についての理解を深めることができます!

    • 開発の基本的な流れ
    • OSSライブラリ「Mixed Reality Toolkit V2」の使い方と解説
  • 当日はXRデバイスとしてHoloLens /HoloLens 2デバイス実機も用意していますので、実際にデプロイまでを体験することができます(※希望者のみ)

特におすすめする対象者

本イベントは実際にXR技術を使ったコンテンツ開発の基本的なことを習得できます。
これからXRコンテンツの開発を行うエンジニアにおすすめです。
また、これからXRに関することやってみたい方、ハッカソンでの開発をスムーズに進めたい方にもおすすめです。

事前準備について(ハンズオン参加者必須です!!!)

このハンズオンでは環境構築済みのPCでHoloLens開発についての基本的な事項を説明します。必ず以下の事前準備を済ませたうえで参加をお願いします。

Mac端末で参加予定の方への注意事項
BootCampなどでWindows 10 OS環境をセットアップの上、以下の作業を実施してください。

ハンズオン開始までに以下の製品のインストールと簡単な動作確認をお願いします。
セットアップ手順は以下のサイトに公開していますので手順に従いセットアップをお願いします。

2020/01/20
HoloLensの開発環境に必要なセットアップ作業と確認方法を記載した資料を公開
2/1の環境構築ハンズオンはこの手順に従ってセットアップを実施します。
Mixed Reality Toolkit V2開発環境構築(2020/01版)

  • Windows 10 Fall Creators Update(以降)
    OSのエディションについてはHome以上であれば問題ありません。
  • Unity 2019.1.10f1
    • 以下のコンポーネントをセットアップ
      • UWP Build Support(IL2CPP)
      • UWP Build Support(.NET)
  • Microsoft Visual Studio 2019(Community Edition可)
    • Visual Studioインストール時に「ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発」「Unityによるゲーム開発」選択
    • 以下のオプション系もインストール
      • Windows 10 SDK 10.0.17763 ⇒ HoloLens 1st向け
      • Windows 10 SDK 10.0.18362
      • C++ (v141) ユニバーサル Windows プラットフォーム ツール
      • C++ (v142) ユニバーサル Windows プラットフォーム ツール
      • v142 ビルド ツールの C++ ユニバーサル Windows プラットフォーム サポート (ARM64)
      • USBデバイスの接続
  • Mixed Reality Toolkit V2.2.0
     以下のサイトからダウンロード
     https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/releases/tag/v2.2.0
    • Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.2.0.unitypackage
    • Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Examples.2.2.0.unitypackage
  • ハンズオン資料
    後日提供予定 

参考サイト

講師


宮浦 恭弘
大阪駆動開発メンバー
Microsoft MVP for Windows Development (Mixed Reality) 2018-2020


料金

  • ハンズオン 1,500円
    ※会場代、資料代、お菓子代等に充当させて頂きます。

開催場所

「Kiiiya Hommachi」:大阪市中央区本町4丁目7-7-302
古い3階建てのマンションの一室です。
御堂筋線本町5番出口を上がり道なりに進み阪神高速の手前(くくぐらない!)の 道を右に曲がり進むと左手にあります。
1階に「Wood House」というお店の看板がありその近くに入り口があります。
2階→3階の階段が非常に急ですので気を付けて上がってきてください。

コンテンツ

【15:15】受付開始
これより早く到着された場合、入口前でしばらくお待ちください。

【15:30-17:00】ハンズオン

【17:00】クローズ

その他

会場は飲食自由ですが、ごみの片付けなど整理整頓にご協力をお願いいたします。

Osaka HoloLens "2" ハッカソン 2020について

本イベントは2月8日〜9日に開催する「Osaka HoloLens "2" ハッカソン 2020」に連動した企画です。
※ハッカソンに参加していない方でも、このイベントへの参加は可能です。

日時 内容 URL
1月15日(水) 【大阪】XRミーティング
【関東】XRミーティング
【北海道】XRミーティング
【福岡】XRミーティング
【佐賀】XRミーティング
毎月第3水曜日に開催されている、
飲食しながらXRの最新情報や事例を学べるイベント!発表者大募集!
1月26日(日) Kobe HoloLens Meetup! vol.2 ー HoloLens 2 関西上陸記念勉強会 HoloLens 2に関連するセッションや抽選による体験もある交流イベント!
2月1日(土) 【大阪】XR技術について理解を深めよう- MRTK V2 概説編(座学) 座学形式でXRの基本的なことを学べます!
2月1日(土) 【大阪】XR X HoloLens 開発環境構築ハンズオン HoloLensこれからの人向けのまずは環境構築をするハンズオン!
2月1日(土) 【大阪】Mixed Reality Toolkit V2 ハンズオン(基礎編) 2020/2/1 HoloLens開発に必要な基本的な知識をハンズオン形式で学べる!
2月1日(土) 【大阪】Microsoft HoloLens 2 体験会 ハッカソンの前にHoloLens 2を体験してイメージを膨らませよう!
2月2日(日)
~ 7日(金)
【大阪】Microsoft HoloLens 2 体験会 調整中。希望者はGoogleフォームでアンケートやってます。
2月7日(金) 【大阪】#大阪駆動開発 メンバー1000人&イベント200回記念パーティ ハッカソン前夜祭!
知り合いを作ってハッカソンに望もう!
2月8日(土) 【大阪】夜通しXR/3DCGもくもく会 夜通し開発ができる!
「夜も誰かと作業したい」と思っている方はお早めに!
2月8日(土)
〜9日(日)
Osaka HoloLens "2" ハッカソン2020

※スタッフ・スポンサー募集ページはこちら
毎年恒例、4年連続4回目のHoloLensハッカソン!
豪華ゲスト登場&出荷されたばかりの「HoloLens2」の実機もご用意!

コミュニティについて

当コミュニティ(大阪駆動開発)は、沢山の企業・団体・学校と共創させて頂きながら 関西を中心に先端技術のイベントを企画・運営しつつイノベーションを発信を行っています。

KiiiyaHommachiについて

KiiiyaHommachiでは、TECH系コミュニティのイベントがそこそこの頻度で開催されています。
いずれも初心者歓迎&低価格&少人数限定&ファシリテーター常駐のイベントですので、初めての方でも安心してご参加頂けます。
また、(アルコールも含めて)飲食持ち込み可能ですので、同じ関心を持つ者同士、お仕事につながるような仲間を気軽に見つけることができます。

興味がおありでしたらご予約の上、ふらっとお立ち寄りください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント