【オンライン】Share Target Picker を試してみた

イベント内容

テーマは「Share Target Picker 」!

今月リリースされたLINEのフロントエンドフレームワーク「LIFF」の新機能「Share Target Picker」。v2となり外部ブラウザ対応など強力な機能が実装され、更にLINEアプリを意識せずWebアプリケーションとしてLINEと連携するサービスを提供しやすくなったLIFFですが、LINEアカウント向けのメッセージはLINEアプリ上で開いた時かつ特定の条件時のみ可能でした。

今回リリースされたShare Target Pickerはこの課題を解決するものです。WebアプリケーションにLINEログイン済みのユーザーは開いた場所や条件に関わらず、送信先を選択してメッセージを送信できるようになります。

参考:https://engineering.linecorp.com/ja/blog/liff-share-target-picker/

本イベントでは、Share Target Pickerの概要や使いどころをLINE 株式会社の立花翔 さんがサンプリアプリとコードを交えながら詳しくご説明します。また、実際に試してみた経験談を LINE API Expert や LT登壇者にお話いただきます。

全てのサービス開発者様必見です!

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
19:00 ご挨拶 司会
19:10 Share Target Pickerはこう使え!! LINE株式会社 立花翔 さん
19:25 LIFFの新機能「Share Target Picker」を試してみた LINE API Expert 三浦 耕生 さん
19:45 休憩
19:55 LT : Share Target Pickerで実装したいアレコレ(妄想) LINE API Expert 中村 優輝 さん
20:05 LT : Share Target Pickerを使ったツールを考えてみた 金谷 拓哉 さん
20:15 LT : Share Target Pickerを使って消えるメッセージを作ってみた 捧隆二さん
20:20 LT : スピーカー募集
20:25 LT : スピーカー募集
20:30 Q&A
20:50 イベント終了

スピーカー:LINE株式会社 立花翔 さん

LINE株式会社Technical Evangelist/TRUNK Customer Success
個人として世界中で1000万近くのユーザーを抱えるネイティブ/Webアプリケーションの開発/運用を経て上京。GMOにて新規事業開発の後、LINE Technical Evangelistとしてイベントへの登壇やハンズオン/ハッカソンにて開発者のサポートを行う他、コミュニティと共にBot、Pay、Clova、Things等の利用啓発を担当。2019年10月より複業としてTRUNKにCustomer SuccessとしてジョインしU29/企業双方へのメリット最大化を担当。

スピーカー:三浦 耕生さん

中学時代はFlashを使ってゲームを開発を行い、大学時代にロボット工学を専攻し、ハードよりの開発を始める。しかし、研究室配属をきっかけにプログラミングを始め、その後趣味でLINE bot開発を始めてWeb、クラウドの世界にのめり込み、ハッカソンで成果を残す。2020年1月にIBM Champion 2020に選出。

スピーカー:中村 優輝さん

クラスメソッド株式会社 CX事業本部 ソリューションアーキテクト 2018年、クラスメソッドに入社。AWSのマネージドサービスを活用したサーバーレス アプリケーション開発を担当。現在は、LINE技術を事業会社で活用するためのソリューション提案を手がけている。

参加に当たってのお願い

配信はYoutube Liveを予定しております。 URLは、お申込した皆様に当日メールにてご案内するほか、 Twitterアカウント https://twitter.com/linedc_jp でもご案内します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。