新型コロナwithARハッカソン

2020/04/18(土)09:45 〜 2020/04/19(日)18:30 開催
ブックマーク

イベント内容

イベント概要

サムネイル画像

「今、コロナ社会に対してAR業界として何ができるのか」

そう思っているARエンジニアは少なくないと思います。しかしテクノロジーファーストで技術者だけが喜ぶ作品を作り発信してしまうと、誤った情報や印象を与えかねないのも現在の状況です。本イベントでは、コロナ社会に対して専門家監修の情報や、公的機関が発信する信頼性の高い情報を発信している No More Coronaプロジェクト 様と共同で作品企画~実装を行います。

※本ハッカソンはZOOM上で行うオンラインハッカソンです。

目的
- コロナ社会に対して意義のあるAR作品を作り発信することで世間のコロナウイルスに対する意識を高める。
- AR業界と医療業界のコミュニケーションを通した学びとイノベーション、可能性の掲示。
- ARエンジニア/ARクリエイターの好奇心を掘り起こして熱量を高め合う。

No More Corona プロジェクト とは

感染症数理モデルを学ぶ北海道大学医学部医学科5年の朝倉利晃さんが、地域感染早期にクラスターの発生を止める重要性に気づき、緊急事態宣言直後の3月1日、北海道大学医学研究院公衆衛生学教室の玉腰暁子教授の監修の下、仲間と共にプロジェクトを開始。SNSなどで専門家監修の情報や、公的機関が発信する信頼性の高い情報を共有しています。

▼メディア掲載
「コロナって若者に関係あるの? ボクたちの行動が鍵を握る」北大医学部生がSNSで同世代に呼びかけ https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200317-00168007/

▼公式HP
https://no-more-corona.com/

▼公式Twitter
https://twitter.com/hokui_nomorecrn

withARハッカソン とは

Imgur

withARハッカソンはAR(拡張現実)の浸透に向けて、AR領域と異業種のコラボレーションを軸としたハッカソン形式のイベントです。ハッカソンの作品企画やデモ体験時には、ハッカソン参加者のARエンジニア/ARクリエイターに加えて、異業種で活躍されている方を巻き込んで「どうやってその業界でARは利用され浸透していくか」を議論し発信します。

過去イベント 一部紹介

kakoevent

  • 「映像クリエイター withAR」
    プロの映像クリエイターとAR表現を用いたMVを一日で作る前代未聞のハッカソン!
    当日の様子

  • 「ダンス withAR」
    プロのダンサーとダンススタジオで行う前代未聞のハッカソン!
    当日の様子

  • 「空間デザイン withAR」
    ビル貸し切りでプロの建築家と行う前代未聞のハッカソン!
    当日の様子

大事にしている価値観

Imgur

withARハッカソンでは参加者みんな(エンジニア、クリエイター、異業種の方、開催協力者、運営)が同じ想いで気持ちよく作品作りに望むために大事にしている価値観が3つあります。確認し、同意した方の参加をお願い致します。

  • 拡張技術よりリアルの価値
  • toDよりtoJ
  • 正義よりリスペクト

拡張技術よりリアルの価値

一般的なハッカソンでは技術レベルを競うことも多いかと思います。テクノロジーを普及させる上で技術レベルは必要不可欠です。しかし本ハッカソンでは現実にどれだけの価値をもたらしたかを考える姿勢を大事にします。

toDよりtoJ

D(=デベロッパー)向けではなく J(=女子高生・女子大生)に刺さる作品を目指します。開発者が喜ぶものではなく、一般の方に刺さるものを作る視点を持ち続ける姿勢を大事にします。(参考: キモズム理論

正義よりリスペクト

本ハッカソンではこれまで様々なバックグラウンドをお持ちの方に参加して頂いています。それぞれの業界、業種ごとに正義があります。それら正義は大事な価値観ですが本ハッカソンでは異業種の方々による双方のコミュニケーションを主軸としています。そのうえでお互いをリスペクトする姿勢を大事にします。

参加枠と参加方法について

sannkawaku

ハッカソン参加枠

本イベントページよりお申し込みください。
原則、以下のスケジュール全ての時間参加を想定していますが、途中参加・途中退出も可能ですのでご相談下さい。
当日は6チーム程作る予定ですが、個人チームでの参加、 デザイナーさんなどを呼んでチームでの参加 も大歓迎です!

見学枠

開発には参加できないけど見学したい方、アイデア出しでの参加、SNSやメディアでの発信などしたい方向け。 本イベントはAR領域の方と他業種の方との交流の場を重視しています。これまでのハッカソンの最後の発表&体験会では観覧の方々にも触れていただき様々な意見交換がなされ、新しいプロジェクトのきっかけも生まれています。最終発表時間からの参加も大歓迎です。当日の感想はどんどんSNSで発信して下さい!!(#withARハッカソン)

参加して欲しい人:医療関連業界の方、イベント運営者、インフルエンサー、過去withARハッカソン参加者、などなど上記以外の方も大歓迎!!

タイムスケジュール(β)

時間 内容
1日目
09:45 ZOOM集合
10:00 オープニング
10:30 No More Corona プロジェクトによる説明
11:00 アイデアブレスト
12:30 企画発表
13:00 開発開始
18:00 中間発表
2日目
12:00 現状共有タイム
15:00 開発終了・発表資料の提出
16:00 発表
17:30 結果発表&まとめ
18:30 終了

お願い・注意点

  • イベントの内容は予告なく変更される場合がございます。
  • 当日の開発風景や発表会の様子はSNSやオンラインページへの投稿、記事で使わせて頂く場合がございます。
  • 参加登録された時点で上記の注意事項に同意いただいたものとさせていただきます。

共同開催

  • withARハッカソン実行委員会
  • No More Corona プロジェクト

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。