【オンライン】ニューノーマルを生き抜くために〜アジャイル性の高い組織運営の方法とは?〜

イベント内容

日本では先日、緊急事態宣言が解除されましたが、依然として新型コロナウイルスの影響は続いています。
感染者も増減を繰り返しており、いつ第二波・第三波が到来してもおかしくない状況です。
再び、緊急事態宣言が発令されることもあり得るでしょう。

このような何が起こるかわからない状況下においては、
変化に柔軟に対応するため、アジャイル性の高い組織運営が必要です。
今回のセミナーでは、そもそもアジャイルとは何か?といった基本的な内容から、
アジャイル性の高い組織運営を行う上で有効な指標OKRについて、登壇者の二人がご紹介します。

通常のセミナーよりも質疑応答の時間を長めに設定しておりますので、この機会をぜひご活用ください。

◆このような方におすすめ

・コロナ等の影響で外部環境が大きく変化しているが、対応できていないと感じている方
・アジャイル性の高い組織運営に興味のある方

◆プログラム
20:00-20:15 アジャイル性の高い組織運営
登壇者:奥田 和広さん(株式会社タバネル 代表取締役)

・そもそもアジャイルとは?
・アジャイル性の高い組織運営とは
・OKRとアジャイル性

20:15-20:30 ニューノーマルとOKR・CFR
登壇者:森 謙吾(ハイマネージャー株式会社 代表取締役CEO)

・ニューノーマルに必要なこと
・ニューノーマルにおけるOKRとCFR
・実際の事例紹介

20:30-21:00 質疑応答

・登壇者の二人が、みなさまのご質問にお答えします。

◆参加費

無料

◆会場

本イベントはオンラインでの開催となります。
ご登録された方には、開催前日までに参加用のURLをご共有いたします。

◆登壇者

株式会社タバネル 代表取締役 奥田和広さん
一橋大学卒業
上場ファッションメーカー、化粧品メーカー、組織コンサルティング企業(UFJ総合研究所、識学)などを経験。
取締役として最大170人のマネジメントに携わる。

自らのマネジメントとコンサルティング経験に基づき、株式会社タバネルを設立する。

OKRの導入、運用のコンサルティングを中心に組織コンサルティング、企業研修を行う。

ハイマネージャー株式会社CEO 森 謙吾
慶應義塾大学法学部を卒業後、PwCコンサルティング合同会社に入社。人事コンサルティング領域に従事し、製造・小売・通信・金融等の大手企業に対して、人材マネジメント戦略策定および人事制度構築、役員報酬設計、残業削減・退職率低下、などのプロジェクト実績を有する。

現在はハイマネージャー株式会社を創業し、組織の心理的安全性向上やマネジメントを総合的に支援する、パーソナライズド・マネジメントサービス「HiManager」の提供およびマネジメントに関するコンサルティングを行っている。

直近ではリモートワーク組織における心理的安全性向上のため、10分で消える音声雑談サービス「RemoRoom」の提供を行っている。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。