代数的データ型のひみつを暴いて関数型プログラムを攻略する

イベント内容

代数的データ型のひみつを暴いて関数型プログラムを攻略する

代数的データ型をサポートしているプログラミング言語ではリストや木といった再帰的なデータ型をユーザが定義できます.さらにデータを処理する関数を帰納的に定義して使うことができます.

実はこの代数的データ型には面白い数学的な構造が隠れています.そのベールをはがすと高校で習った数学的帰納法が現れます.これを使うとプログラムの性質を証明することができます.

このセミナーでは代数的データ型に隠れている構造を紹介して,関数型プログラムの性質を証明する方法を解説します.テストとは別に,数学的な議論によってプログラムの正しさを示す技術を手に入れることができます.

前提とする知識は高校で習った数学的帰納法と集合(要素,部分集合)や論理の知識(「かつ」とか「ならば」とか)です.細かいところまでわからなくても技術は使えるようになります.計算ができるようになれば理解はあとからついてきます.

練習問題があるので計算用紙と筆記用具を準備して参加してください.

スライド資料と Zoom の URL は CONNPASS のメッセージでお知らせします.

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント